黄金のファラオと大ピラミッド展

今からおよそ4500年前、古代エジプトの古王国時代に、クフ王、カフラー王、メンカウラー王の3代のファラオたちによって巨大なピラミッド群が建造されました。宇宙からも見えるというこのピラミッドは、古代ギリシア時代から伝わる「世界の七不思議」の中でも、一番目の不思…

pharaoh-egypt-header
今からおよそ4500年前、古代エジプトの古王国時代に、クフ王、カフラー王、メンカウラー王の3代のファラオたちによって巨大なピラミッド群が建造されました。宇宙からも見えるというこのピラミッドは、古代ギリシア時代から伝わる「世界の七不思議」の中でも、一番目の不思議として知られ、今でも残っている唯一のものです。ピラミッドは、いつ、何のために、どうやって建てられたのか、謎のテーマはつきません。



本展覧会では、世界一のエジプト・コレクションを誇るエジプトの国立カイロ博物館から、こうした王とピラミッドの謎に関するエジプトの至宝を出品いただきます。3大黄金マスクの一つと称される「アメンエムオペト王の黄金のマスク」や「クフ王の銘が入った彫像」、美しく壮麗な「彩色木棺」など、監修者の吉村作治氏が選び抜いた100点あまりの至宝の数々です。古王国時代を中心に、ファラオや王家の女性、貴族、ピラミッド建設を支えた人々などを紹介し、ピラミッドとそれを建てた偉大なファラオたちの壮大なドラマに迫ります。

 



国立カイロ博物館所蔵 
☆★☆ 黄金のファラオと大ピラミッド展 ☆★☆

■開催日時:2016/10/1 ~12/25 10:00~18:00
ただし、金曜日 ~19:30(入室はそれぞれ30分前まで)
休館日/月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、その翌日休館)
■開催場所:京都文化博物館   4階特別展示室・3階総合展示室
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
■主  催: 京都府、京都文化博物館、MBS、毎日新聞社
■料  金:一般1500円(1300円) 大高生1200円(1000円) 中小生500円(400円) 早割ペアチケット2000円
※括弧内前売券は2016/9/30までの期間限定販売
■お問合せ: 075-222-0888
■U R L:http://www.bunpaku.or.jp/







もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 

にほんブログ村

人気ブログランキングへ



「浄土真宗と本願寺の名宝I」-受け継がれる美とこころ-

 この秋から西本願寺で勤められる伝灯奉告法要を記念して、800年の歴史を誇る浄土真宗と本願寺の展覧会が開催されます。本展では、宗祖・親鸞聖人から安土桃山時代に活躍した第11代顕如宗主までの歴代宗主に加え、専如門主に受け継がれてきた法宝物が紹介されるとともに、か…

0001-012

 

この秋から西本願寺で勤められる伝灯奉告法要を記念して、800年の歴史を誇る浄土真宗と本願寺の展覧会が開催されます。本展では、宗祖・親鸞聖人から安土桃山時代に活躍した第11代顕如宗主までの歴代宗主に加え、専如門主に受け継がれてきた法宝物が紹介されるとともに、かつての伝灯奉告法要に関連する映像や資料も展示されます。
また、国宝「三十六人家集」をはじめとする西本願寺の名宝の数々に加え、各地の浄土真宗寺院に所蔵される多様な法宝物など、約120件の公開展示となります。

 
0002-006

あでやかな料紙装飾で知られる書の名品、国宝「三十六人家集」を常時2帖(じょう)ずつ展示、親鸞聖人肖像画の代表作「鏡御影(かがみのごえい)」を11月18日から同25日まで期間限定で特別公開。

 

第25代専如門主 伝灯奉告法要記念 特別展
☆★☆★ 「浄土真宗と本願寺の名宝I」-受け継がれる美とこころ- ☆★☆★

■開催期間:2016/9/24 ~11/27  9:30~18:00
休館日/毎週月曜日 (祝日の場合は翌日) 9/26、10/11、10/17、10/31、11/14
■開催場所:龍谷大学 龍谷ミュージアム
〒600-8399 京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
■入 館 料:一般1200円(1000円)  シニア・大学生800円(600円) 高校生400円(300円)
■主  催: 龍谷大学 龍谷ミュージアム
■お問合せ:075-351-2500
■URL :http://museum.ryukoku.ac.jp





もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

三代 樂 道入・ノンカウ展☆樂美術館

この度、当館所蔵の『三代道入作 黒樂茶碗 青山』が重要文化財に指定されました。『青山』は、艶やかな黒釉に萌黄色の鮮やかな抽象紋が描かれ、道入作品の中でも極めて斬新な作行きです。樂家三代道入は、ノンカウの愛称で親しまれてきました。長次郎から数えて僅かに三代…

raku2016-dounyu
この度、当館所蔵の『三代道入作 黒樂茶碗 青山』が重要文化財に指定されました。
『青山』は、艶やかな黒釉に萌黄色の鮮やかな抽象紋が描かれ、道入作品の中でも極めて斬新な作行きです。樂家三代道入は、ノンカウの愛称で親しまれてきました。長次郎から数えて僅かに三代後、道入は革新的でモダンな世界を創造しています。
道入の作品はこれまで三井記念美術館蔵の赤樂茶碗 『鵺』が重要文化財に指定されておりましたが、今回、『青山』が加わったことにより、赤・黒の茶碗が揃って重要文化財に指定されたことになります。

 

これまでにも、樂家初代長次郎、本阿弥光悦の作品はそのいくつかが重要文化財となっておりますが、長次郎を除く樂歴代の中では、三代道入の作品が初めて重要文化財の指定を受けたこととなります。
本展はこれを記念して、道入の作品を一堂に展観し、その作陶の軌跡を辿ります。

 

 

 

 

展示目録PDF

 

 


秋期特別展 重要文化財指定記念
☆★☆★ 三代 樂 道入・ノンカウ展☆★☆★

■開催日時:2016/9/10~11/27   10:00~16:30 (入館は16:00まで)
休館日/月曜日(祝日は開館)
■開催場所:樂美術館 京都市上京区油小路通一条下る
■料  金:大人1000円  大学生800円  高校生400円  中学生以下無料
■お問合せ:075-414-0304
■U R L:http://www.raku-yaki.or.jp/







 メルマガ「京都電脳新聞」 コラム”京に癒されて” もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←



もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ 

にほんブログ村



人気ブログランキングへ

 

メアリー・カサット展

 
19世紀後半のパリで活躍したアメリカ出身の女性画家メアリー・カサット(1844-1926)は、エドガー・ドガとの運命的な出会いをきっかけに印象派展に参加し、身近な人々や家庭の情景を主題に独自の画風を確立しました。特に母子を温かな眼差しで捉えた作品は多くの人々の…

0001-1

 


19世紀後半のパリで活躍したアメリカ出身の女性画家メアリー・カサット(1844-1926)は、エドガー・ドガとの運命的な出会いをきっかけに印象派展に参加し、身近な人々や家庭の情景を主題に独自の画風を確立しました。特に母子を温かな眼差しで捉えた作品は多くの人々の共感を呼び、「母子像の画家」としてのカサットの名を不朽のものとしています。


 



日本では35年ぶりとなる今回の回顧展では、カサットの初期から晩年までの代表作に加え、交流のあった印象派の画家たちの作品や、画家が愛した日本の浮世絵版画などをあわせた合計約110点により、愛にあふれるカサット芸術の真髄に迫ります。

 

0006  

 



メアリー・カサット展

☆★☆★ HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH ☆★☆★


■開催日時:2016/9/27~12/4   9:30~17:00 (毎週金曜日20:00)

休館日/毎週月曜日・10/11 但し10/10(月・祝)は開館

■開催場所:京都国立近代美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町(岡崎公園内)

■料  金:一般1500円 大学生1100円 高校生600円 中学生以下無料 ※本料金でコレクション展もご覧いただけます。

■主  催:京都国立近代美術館 NHK京都放送局 NHKプラネット近畿 読売新聞社

■お問合せ:075-761-4111 京都国立近代美術館

■U R L:http://cassatt2016.jp/ http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2016/416.html







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム”京に癒されて” も合わせてお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←


ニュイ・ブランシュ KYOTO 2016

白夜祭・ニュイ・ブランシュ
パリで始まった秋の現代アートの祭典。 一夜限り市内28会場で同時開催

パリの姉妹都市・京都では、市内各所で今年も日仏の現代アートを無料で楽しめる「ニュイ・ブランシュKYOTO2016」が開催される。
京都国際マンガミュージアム、アンスティチュ…

白夜祭・ニュイ・ブランシュ パリで始まった秋の現代アートの祭典。

一夜限り市内28会場で同時開催



nb2016_1


パリの姉妹都市・京都では、市内各所で今年も日仏の現代アートを無料で楽しめる「ニュイ・ブランシュKYOTO2016」が開催される。 京都国際マンガミュージアム、アンスティチュ・フランセ関西京都、二条城、京都市立芸術大学ギャラリー、地下鉄山科駅前音の広場をメイン会場にライブハウス、ギャラリー、寺社など28箇所で様々なアートイベントが繰り広げられる。パフォーマンスや展示、プロジェクション・マッピングなど、多彩なプログラムが全て無料。


 14138687_1194783363917128_5918107700534060378_o


「現代アート×伝統工芸」をDNAとして継承しつつ、今年のニュイ・ブランシュがテーマとするのは「デザイン」。 さらに、開催6年目にして初めて、今年15回目のパリのニュイ・ブランシュと連携し、二条城では東京を拠点に活躍するフランス人アーティストニコラ・ビュフが映像やドローイングなどのインスタレーションを展開。


14115063_1194785427250255_8232475593389831725_o

詳細なプログラム(パンフレットPDF) http://www.nuitblanche.jp/images/NB2016_A2_FINAL.pdf
メイン会場アンスティチュ・フランセ関西でのプログラム http://www.institutfrancais.jp/kansai/events-manager/nb2016ifjk/

オープニング・セレモニー2016年10月1日(土) 18:30  会場:京都国際マンガミュージアム
nb2016_map


公式サイト http://www.nuitblanche.jp
主催:京都市、アンスティチュ・フランセ関西(旧 関西日仏学館)
共催:京都国際マンガミュージアム/京都芸術センター/京都市立芸術大学/京都市交通局/ヴィラ九条山 助成:パリ市/アンスティチュ・フランセ本部
後援:外務省/パリ市/在京都フランス総領事館


nb2016_2






国際芸術祭☆BIWAKO ビエンナーレ2016

2001年、21世紀の幕開けとともに始まったBIWAKOビエンナーレ。
会場となる近江八幡旧市街は、豊臣秀次により築かれた城下町を基礎とし、近江商人発祥の地として発展しました。
江戸期に建てられた町家が軒を連ねる新町通り、永原町通り、 八幡堀沿いの町並みおよび日牟禮八…

14100431_1224265584272689_6459739711348254513_n


2001年、21世紀の幕開けとともに始まったBIWAKOビエンナーレ。 会場となる近江八幡旧市街は、豊臣秀次により築かれた城下町を基礎とし、近江商人発祥の地として発展しました。 江戸期に建てられた町家が軒を連ねる新町通り、永原町通り、 八幡堀沿いの町並みおよび日牟禮八幡宮境内地は「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。


 14usuki  

しかし市内では、放置され荒れ果てた多くの空き町家が点在し、近代建築や駐車場へと姿を変えていくという現状があります。 BIWAKOビエンナーレでは、そうした現状を打開すべく、残された貴重な建物の保存と活用を試みます。 長年放置されていた建物を、地元住民や日本全国から集まる有志たちの手で清掃することから始め、国内外より集まるアーティスト達が各々の空間を作品化していきます。 彼らの手により何年もの間、訪れる者もなく忘れ去られていた建物たちが、生き生きと輝きを取り戻し蘇るそのさまを、作品とともにお楽しみいただければ幸いです。

 

 

展示会場 まちや倶楽部 Machiya Club/ 旧扇吉もろみ倉 OGIKICHI's Storehouse/ 尾賀商店 OGA SHOTEN/ 喜多七右衛門邸倉 KITA SHICHIEMON's Storehouse/ 喜多七右衛門邸 KITA SHICHIEMON's House/ カネ吉別邸 KANEKICHI's Secound House/ 遠久邑八幡堀 OKUMURA Hachimanbori/ 旧中村邸 NAKAMURA's House/ 八幡山展望館 Mt.Hachiman Observation Deck/ 村雲御所瑞龍寺門跡 Zuiryuji Temple

 

  e+チケットチケットぴあにて好評発売中。



 12968126_1126028940763021_5950485911517671705_o

 

 


☆★☆★☆ 国際芸術祭☆BIWAKO ビエンナーレ2016 ☆★☆★☆

■開催日時:2016/9/17~11/6 10:00~17:00 休 止 日 :木曜(祝日の場合は翌日休、11/4は開場)
■開催場所:滋賀県近江八幡旧市街 滋賀県近江八幡市仲屋町中12
■料  金:パスポート/一般 2500円(2300円)学生(高校生以上)2000円(1500円)中学生以下無料 ■お問合せ:0748-36-3766(BIWAKO ビエンナーレ事務局)
■URL :http://biwakobiennale.jp/ http://energyfield.org/biwakobiennale/


琳派展18 京の琳派―美を愉しむ― 細見美術館

琳派展の第18弾となる本展では、光琳没後300年、雪佳誕生150年を記念し、細見コレクションより、江戸初期の本阿弥光悦、俵屋宗達から近代の神坂雪佳までの京の琳派が紹介されます。

京都で生まれ、育まれた琳派は、古典的な要素を含…

0001-008



琳派展の第18弾となる本展では、光琳没後300年、雪佳誕生150年を記念し、細見コレクションより、江戸初期の本阿弥光悦、俵屋宗達から近代の神坂雪佳までの京の琳派が紹介されます。



0002-2


京都で生まれ、育まれた琳派は、古典的な要素を含みつつも常にその時代における新しい美として愛されました。またその作品は、飾り、使いながら愉し まれました。身の回りを彩る美として、絵画や工芸といった領域を超えて、さまざまなジャンルに応用され、親しまれる京の琳派をご堪能ください。


 
event16_133-crs


正午の茶事 -名残の趣向-

細見美術館 古香庵 茶会へのお誘い 口切の茶事
京都 辻留の懐石と細見コレクションの美術品を用いた道具組による正午の茶事を開催いたします。

日時:10月22日(土) 11:00~(所要時間 約4時間)
会場:細見美術館 茶室 古香庵
料金:お一人様:45,000円

 

 


☆★☆★ 琳派展18 京の琳派―美を愉しむ― ☆★☆★
■開催日時:2016/9/10 ~ 11/6   10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1200円  学生1000円
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://shunga.emuseum.or.jp/






  

メルマガ「京都電脳新聞」 コラム”京に癒されて” も合わせてお読みください。

→→→→→無料定期購読受付中←←←←←


近世京都の宮廷文化★京セラ美術館

京都では延暦13年(794年)の平安遷都以来、宮廷を中心に雅びやかな文化を形成し継承してきました。その宮廷文化の粋を形で表す最高の晴れの舞台が、即位式と大嘗祭(だいじょうさい)です。これら一連の儀式は大礼や大典(たいて…

0001-3


京都では延暦13年(794年)の平安遷都以来、宮廷を中心に雅びやかな文化を形成し継承してきました。その宮廷文化の粋を形で表す最高の晴れの舞台が、即位式と大嘗祭(だいじょうさい)です。これら一連の儀式は大礼や大典(たいてん)とも呼ばれています。


本展覧会では、近世以降の大礼に関する資料を収集する小原家(おはらけ)文庫や民間に所蔵されている貴重な資料をはじめ、徳川秀忠の娘で、後水尾(ごみず のお)天皇に入内し、公家と武家を結ぶ懸け橋として、宮廷文化にも貢献した東福門院(とうふくもんいん)(徳川和子)ゆかりの品々など、約60点を展示し ます。







もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ