マリメッコの花から陶の実へ-琳派との対話-/細見美術館

石本藤雄は、世界中に多くのファンをもつフィンランドのライフスタイルブランド<マリメッコ>のテキスタイルデザイナーとして、32年間で400点を超えるテキスタイルデザインを生み出したのち、フィンランドの老舗陶器…



石本藤雄は、世界中に多くのファンをもつフィンランドのライフスタイルブランド<マリメッコ>のテキスタイルデザイナーとして、32年間で400点を超えるテキスタイルデザインを生み出したのち、フィンランドの老舗陶器メーカー<アラビア>のアート部門に所属、77歳を迎えた現在も陶芸家として数多くの作品を生み出しています。2011年にはフィンランドの芸術家に贈られてきた最高位の勲章、[フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル]を受賞するなど、フィンランドデザインの礎を築いた一人といっても過言ではありません。




本展では、石本が生み出したマリメッコデザインの中から厳選したファブリックのインスタレーションや、デザインの基となった原画を展観するほか、近年手掛けた陶の作品を紹介します。また、細見コレクションの主軸となる「琳派」の作品との競演も当館ならではの見どころとなっています。デザイナー、アーティストとして活躍し、人々の心を豊かに彩る石本と、京都で育まれ、身のまわりを美しく飾る意匠を生み出した琳派との時空を超えた新たな出会いをお楽しみください。

 

プロフィール 
石本藤雄 Fujiwo Ishimoto
1941年愛媛県砥部町出身、フィンランド・ヘルシンキ在住。1970年にフィンランドに移り、1974年から同国を代表するライフスタイルブランド<マリメッコ>で32年に渡りテキスタイルデザイナーを務める。現在はフィンランドの老舗陶器メーカー<アラビア>のアート部門の一員として陶芸制作に取り組む。カイ・フランク賞、フィンランド獅子勲章プロ・フィンランディア・メダル、日本では旭日小綬章など多数受賞。

 

 

マリメッコの花から陶の実へ
☆★☆★ -琳派との対話- ☆★☆★
■開催日時:2019/3/9 ~ 4/21  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般 1,300円(1,200円) 学生 900円(800円)
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ






2019年春季特別展「茶道具で花見」/ 野村美術館

 
「花鳥風月」「雪月花」などと日本人は古くより自然の移ろいを肌で感じ、愛でてきました。
とりわけ花に対しては特別な思いを抱いたようで、和歌をはじめ物語などの文学作品、
やきものやぬりものなどの工芸作品の…

 
「花鳥風月」「雪月花」などと日本人は古くより自然の移ろいを肌で感じ、愛でてきました。
とりわけ花に対しては特別な思いを抱いたようで、和歌をはじめ物語などの文学作品、
やきものやぬりものなどの工芸作品の意匠として多く取り入れられています。
四季それぞれに咲く花のなかで、とりわけ人気が高かったのはいうまでもなく桜の花でした。

仁阿弥道八作 雲錦手四方鉢 (後期展示)

桜の花を待ちわびて人々は胸をときめかせ、またその花の美しさに酔いしれました。
茶の湯はあまり目立たず、派手すぎないことをよしとする傾向があるとはいえ、
花に焦点をあてて見ていくと、思いのほか大胆なデザインやデフォルメがなされていることを知ることができます。これも茶の湯の奥深さ、懐の広さを示す好例かもしれません。

前期では「春の花」を、後期では「秋の花」を中心に展示いたします。
茶道具に意匠化された様々な花が、それぞれに咲き誇っている様子をお楽しみください。

 4月22日に全面的な展示替。
【前期】3月9日(土)~4月21日(日)
【後期】4月23日(火)~6月9日(日)

《主な展示作品》
【前期】 円山応挙筆 嵐山春喜図、酒井抱一筆 源氏紅梅図、仁清 色絵花笠香合、乾山 鑓梅香合、藤蒔絵四方香合、紅毛結文香合、古染付桜川水指、柳桜蒔絵棗、絵高麗草花文鉢、黒地青貝桜蒔絵懐石皆具、草花貼交屏風 など
【後期】 松村景文筆 秋草小禽図、堆黒花籠香合、女郎花蒔絵棗、薩摩瓢形秋草絵茶器、高台寺蒔絵棗、高原焼菊絵茶碗、乾山 色絵牡丹絵大皿、仁阿弥陀道八作 雲錦四方鉢、青木木米作 開扇鉢、呉洲赤絵花鳥鉢、九谷寄向付、立花図屏風 など

2





019年春季特別展
☆★☆★☆☆ 「茶道具で花見」 ☆★☆★☆

■開催日時:2019/3/9 ~ 6/9   10:00~16:30
休館日/月曜日  4/30(火)・5/7(火)
(※4/29・5/6は祝日のため開館。)
■開催場所:野村美術館
〒606-8434 京都市左京区南禅寺下河原町61
■料  金:一般800円    高大学生:300円     小中学生:無料
■お問合せ:075-751-0374
■URL :http://www.nomura-museum.or.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

 




春期特別展 樂歴代「富士を見る」★樂美術館

今年は特別な年、新しい元号のスタートです。樂家も新しい元号と共に代替わりをします。新しき年への思いを込めて、樂歴代展を開催します。
本展では、特に日本の象徴・霊峰富…




今年は特別な年、新しい元号のスタートです。樂家も新しい元号と共に代替わりをします。新しき年への思いを込めて、樂歴代展を開催します。
本展では、特に日本の象徴・霊峰富士を意匠に取りいれた歴代作品を展示致します。 黒樂、赤樂茶碗にくっきりと描かれた的皪たる富士の絵、新しい元号の年がこの富士の ように清々しい未来世界となりますよう、思いを込めた展覧会です。

春期特別展
☆★☆★ 樂歴代「富士を見る」  ☆★☆★

■開催日時:2019/3/10~6/30     10:00~16:30
休館日/月曜日(祝日の場合は開館)
■開催場所:樂美術館
京都市上京区小川通寺ノ内上ル本法寺前町617番地
■料    金:一般1000円  大学生800円  高校生400円  中学生以下無料
■お問合せ:075‐414‐0304
■URL :http://www.raku-yaki.or.jp

 




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


 




京都の街中でアートを楽しもう

「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」のサテライトイベント
「BLOWBALL」

2019年に第2回目を迎えるアートフェア「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」。
3月2日と3日の2日間にわたって京都文化博物館 別館と京都新聞ビル 印刷工場跡で開催される。

そのサテライトイベントとして、若手ア…

「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」のサテライトイベント
「BLOWBALL」

2019年に第2回目を迎えるアートフェア「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019」。
3月2日と3日の2日間にわたって京都文化博物館 別館と京都新聞ビル 印刷工場跡で開催される。

そのサテライトイベントとして、若手アーティストの活躍の場を拡げる「ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019:BLOWBALL」 。
会場となるのは、京都府内の飲食店、ホテルといった身近な場。各会場と若手アーティストがコラボレーションして作品の展示・販売を行う。

 クラフトビールが楽しめるスプリングバレーブルワリー京都では、古今東西の多様なモチーフに着目し、異文化間の「はざま」についての考察を独自の世界観で紡ぎ出す荒木悠が作品を発表。映像作品を中心に、築約100年の洋館の一室で京都のクラフトビールとコラボレーションする。

荒木悠 Yu Araki
1985年生まれ。2007年米国ワシントン大学サム・フォックス視覚芸術学部美術学科 彫刻専攻卒業。2010年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。国内外の滞在制作や展覧会への参加も数多く、国境を超えて活躍中


ARTISTS’ FAIR KYOTO 2019
BLOWBALL
日時
2019年2月初旬~3月下旬 ※各会場によって開催時期が異なる
場所
KYOTO ART HOSTEL kumagusuku、スプリングバレーブルワリーKYOTO、下鴨茶寮、BnA Alter Museum、ワコールスタディホール京都
主催/問い合わせ
ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会
土日祝をのぞく10:00~17:00
075-414-4222
参照web
https://artists-fair.kyoto/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





Songs -定家の書・芭蕉の句・夢二のうた-

嵯峨嵐山は、藤原定家(1162-1241)が小倉百人一首を撰した場所と言われるように、歌と関わりの深いところです。それにちなみ、本展覧会では和歌や俳句といった「歌」とそれに関連する絵画をご紹介します。

俵屋宗達「伊勢物語図色紙 第二段西の京」

藤原定家筆とされる「…

嵯峨嵐山は、藤原定家(1162-1241)が小倉百人一首を撰した場所と言われるように、歌と関わりの深いところです。それにちなみ、本展覧会では和歌や俳句といった「歌」とそれに関連する絵画をご紹介します。
俵屋宗達「伊勢物語図色紙 第二段西の京」
藤原定家筆とされる「小倉色紙」をはじめ、江戸時代の俳聖・松尾芭蕉(1644-1694)の「ふる池や 自筆短冊」や、芭蕉を尊敬してやまなかった与謝蕪村 (1716-1783)の「芭蕉像」、詩人としても知られる近代の画家竹久夢二(1884-1934)の「青春譜」など、さまざまな歌のかたちを展示。
彼らが歌に込めた思いは現代に生きる我々にも通じるのではないでしょうか。
☆★☆★ Songs -定家の書・芭蕉の句・夢二のうた- ☆★☆★

■開催日時:2019/02/02 ~ 2019/05/12    10:00~17:00
休館日  5月8日(水)※ただし4月30日(火)は開館
■開催場所:嵯峨嵐山文華館(旧・小倉百人一首殿堂 時雨殿)
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
■観覧料金:一般・大学生900円 高校生500円 小中学生300円
■お問合せ:075-882-1111
■U R L:http://www.samac.jp





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




花街の芸妓が目の前に★みやこめっせ

舞妓としての長い修業期間を経て、芸やもてなしの心を完璧に身につけた芸妓さんこそ、京都の花街の文化の体現者とも言えるでしょう。三味線などの芸の披露はもちろん、芸妓さんのおしゃべりもお楽しみに。彼女たちが身にまとう着物や帯、足袋にいたるまですべてがMADE
IN

舞妓としての長い修業期間を経て、芸やもてなしの心を完璧に身につけた芸妓さんこそ、京都の花街の文化の体現者とも言えるでしょう。三味線などの芸の披露はもちろん、芸妓さんのおしゃべりもお楽しみに。彼女たちが身にまとう着物や帯、足袋にいたるまですべてがMADE IN KYOTOの逸品。ひとつひとつにエピソードが秘められているかもしれません。芸妓舞台では芸妓さんの芸を間近にご覧いただけるスペシャルシートをご用意しています。

 芸妓舞台  2019年
1月27日(日)   2月24日(日)
3月24日(日)     

第1部 14:00~  第2部 14:30~  第3部 15:00~
(各回 約15分間)

 舞妓舞台  2019年
1月20日(日)   2月10日(日)           2月24日(日)
3月  3日(土)
   3月10日(日)     3月16日(土)
3月17日(日)            3月31日(日)

第1部 14:00~第2部 14:30~第3部 15:00~
(各回 約15分間)

花かんざし、西陣織、京友禅、京扇子….奥ゆかしい京の舞妓さんが身にまとう装飾品の数々は、長い歴史のなかで培われた、伝統工芸職人の技が光る逸品ばかりです。「京都伝統産業ふれあい館」では、これら京都の伝統工芸品を広く知って頂くため、舞妓舞台を開催しております。まさに日本の美しさをまとった舞妓さんの、華やかな舞台をお楽しみください。
 

 

予約不要、観覧無料、特典つきの有料席をご用意。

芸妓舞台では芸妓さんの芸を間近にご覧いただける
スペシャルシートをご用意しています。

料金:1,000円(先着10名)
特典1:お手持ちのカメラでツーショット写真
特典2:最前列のスペシャルシートで観覧
特典3:芸妓さんから千社札をプレゼント

チケットは、各回とも当日午後1時から
ふれあい館西入口前にて販売。事前予約不可。

 

☆★☆★☆  花街の芸妓が目の前に  ☆★☆★☆
■開催日時:2019/1/20~3/31  期間中の土日曜日
■京都市勧業館「みやこめっせ」地下1階 京都伝統産業ふれあい館
〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1
■料  金:観覧無料
■お問合せ:075-762-2670
■URL :http://www.miyakomesse.jp/fureaika/index.php






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―

 平安時代の政治家・漢学者・漢詩人・歌人であった菅原道真公は、死後、天満大自在天神として崇められて、現在に至るまで「天神さん」「天神さま」として親しまれています。全国で1万数千社の天神社(道真公を祀る神…

 平安時代の政治家・漢学者・漢詩人・歌人であった菅原道真公は、死後、天満大自在天神として崇められて、現在に至るまで「天神さん」「天神さま」として親しまれています。全国で1万数千社の天神社(道真公を祀る神社)が存在しますが、京都の北野天満宮は総本社として知られています。
天神信仰に関する展覧会はこれまでにも行われてきましたが、北野天満宮そのものを取り上げたものは多くありません。北野天満宮が培った長い歴史は、人々の崇敬の歴史といえるでしょう。時代ごとのさまざまな願いを反映し、北野天満宮には複雑・多様な信仰世界が構築されました。

束帯天神像(根本御影)
 鎌倉時代(13世紀)
 北野天満宮蔵<前期>

第1章 菅原道真 –人として–
第2章 天満宮創建 –北野天神縁起の広がり-
第3章 北野にみる神と仏
第4章 室町時代の北野天満宮
第5章 祭礼と神事
第6章 天満宮改造 –豊臣家と北野天満宮–
第7章 神と結ぶ –奉納品の数々–
終 章 萬燈祭 –永遠の信仰–

本展覧会では、北野天満宮が所蔵する神宝を中心に、ゆかりある美術工芸品、歴史資料を一堂に集め、そこから浮かび上がる神社とその信仰のあり方を展観いたします。

前期:2月23日(土)~3月17日(日)
後期:3月19日(火)~4月14日(日)

 

◎展覧会と天神さんをぐるっとパス

展覧会の期間中に北野天満宮の梅苑、宝物殿を一緒に楽しめるセット券です。
有効期間:2019年2月23日(土)~3月17日(日)

当 日 券:
(販売期間:2019年2月23日(土)~3月17日(日)
一般 2,600円 大高生2,100円、中小生1,050円
前 売 券:
(販売期間:2018年12月3日(月)~2019年2月22日(金)
一般 2,400円 大高生1,900円、中小生850円

※お得なセット券は上記チケット販売所、および北野天満宮にて販売。
ただし、京都文化博物館と北野天満宮は「一般」のみ取扱い

 

☆★☆ 北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流― ☆★☆

■開催日時:2019/2/23 ~4/14 10:00~18:00    金曜日 ~19:30
休館日/月曜日
■開催場所:京都文化博物館   4階・3階展示室
〒604-8183 京都市中京区三条高倉
■料  金:一般1400円 大高生1100円 中小生500円
■お問合せ: 075-222-0888
■U R L:http://www.bunpaku.or.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 


人気ブログランキングへ
京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

京都観世会2月例会

演目
能「弱法師」/  俊徳丸:味方玄  高安通俊:小林努  通俊ノ下人:茂山逸平

狂言「二九十八」/男:茂山千三郎   夢想ノ妻:松本薫

能「源氏供養」/  里女、紫式部:杉浦豊彦  安居院法印:江崎欽次朗

演目
能「弱法師」/  俊徳丸:味方玄  高安通俊:小林努  通俊ノ下人:茂山逸平
狂言「二九十八」/男:茂山千三郎   夢想ノ妻:松本薫
能「源氏供養」/  里女、紫式部:杉浦豊彦  安居院法印:江崎欽次朗
能「烏帽子折」/亭主、熊坂長範:大江信行 妻:宮本茂樹
牛若:大江信之助    吉次延高:有松遼一

 

☆★☆★ 京都観世会2月例会  ☆★☆★

■開催日時:2019/2/24      開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
■料   金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-771-6114

■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



伊藤白歳生誕300年記念&若冲生誕会☆ 宝蔵寺

2019年は伊藤若冲(1716-1800)の弟である伊藤白歳(宗巌、1719-92)が生まれて300年にあたります。若冲が40歳で隠居したあと、家業の青物問屋を引き継いだのが白歳で、兄の後を継いで家業を切り盛りしながら、若冲に…

2019年は伊藤若冲(1716-1800)の弟である伊藤白歳(宗巌、1719-92)が生まれて300年にあたります。若冲が40歳で隠居したあと、家業の青物問屋を引き継いだのが白歳で、兄の後を継いで家業を切り盛りしながら、若冲に教えてもらいながら絵も描いていました。

今年の寺宝展では、毎年恒例の若冲筆「竹に雄鶏図」、「髑髏図」はもちろん、生誕300年を記念して宝蔵寺が所蔵する白歳筆「羅漢図」、「南瓜雄鶏図」、さらに、近年発見された若冲とも交流のあった大阪の松本奉時(生年不詳~1800)筆「大黒天図」も合わせて公開いたします。

 

伊藤若冲生誕会
平成31年2月8日(金)13:00~
当日の寺宝展受付は午後12時30分まで
(※座席に限りあり)

 
☆★☆★☆ 宝蔵寺・寺宝特別公開 ☆★☆★☆
■開催期間:2019/2/7~2/11   10:00~16:00
■開催場所:宝蔵寺
〒604-8041 京都市中京区裏寺町通蛸薬師上ル裏寺町587番地
■参 拝 料:一般500円 中高生300円
■お問合せ:075-221-2076    info_@houzou-ji.jp

■URL :http://www.houzou-ji.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


組版造形 白井敬尚 / 京都dddギャラリー

 タイポグラフィというデザイン要素の中でも、「紙面に文字組版を配置・構成した空間を含む造形」である「組版造形」。ブックデザインやエディトリアルデザインを中心に活動を続ける白井敬尚による展覧会タイトルでも…

 タイポグラフィというデザイン要素の中でも、「紙面に文字組版を配置・構成した空間を含む造形」である「組版造形」。ブックデザインやエディトリアルデザインを中心に活動を続ける白井敬尚による展覧会タイトルでもあります。本展は、美しい装丁の数々をお見せするのと同時に、基本的には墨文字1色の見開きページがずらりと並ぶ、ちょっと異色の展覧会となります。
白井敬尚といえば、世界中で高く評価されているデザイン誌『アイデア』(誠文堂新光社)のアートディレクションが代表的な仕事の一つで、振り幅の大きい多様なテーマを取り扱う同誌のデザインを2005年から10年間にわたり手がけました。隔月刊行というスケジュールにも関わらず、その1号1号が1冊の作品集のような充実ぶりで、非常に魅力的なコレクションとなっています。
他にもこれまでに関わってきた数多くの書籍たち。白井は本に書かれたモノ・コト・ヒトを注意深く読み解き、丁寧に、1ページ1ページ組版を整えていきます。白井の手により形を与えられた様々なテキスト=声が、ときに軽やかに、ときに厳粛に、ときにスタイリッシュに、本の中から鳴り響いてきます。魅惑的な組版との出会いにより、忘れられない読書体験を提供してくれます。

『横尾忠則全装幀集 1957-2012』横尾忠則著、パイ・インターナショナル、2013年

本展では白井による実際の仕事とともに、制作にあたって参照された資料なども併せて紹介します。1冊の本を作るのにどれほど目を見開く必要があるのかがうかがい知れると同時に、過去の知識や造形がいかに引用・参照され、形を変えて継承されていくのか、表層だけではない実に奥深い組版造形の世界を、じっくりと堪能できる時間となるに違いありません。

 




京都dddギャラリー第219回企画展
☆★☆★   組版造形 白井敬尚   ☆★☆★

■開催期間:2019/1/12~3/16  11:00~19:00(土曜・7月23日は18:00まで)
休館日/祝日・日曜(ただし※特別開館7月22日)
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296   担当:熊本
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

・・・ご一票を!
人気ブログランキングへ

京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ