世界を変える美しい本★細見美術館

タラブックスは、インド南部のチェンナイを拠点とする出版社で、
1994年の設立以来、子どもや大人向けにハンドメイド本やビジュアルブックの出版を中心に行ってきました。そのジャンルは児童文学、写真、グラフィックノベル、芸術、美術教育と多岐にわたります。
インド土…


タラブックスは、インド南部のチェンナイを拠点とする出版社で、 1994年の設立以来、子どもや大人向けにハンドメイド本やビジュアルブックの出版を中心に行ってきました。そのジャンルは児童文学、写真、グラフィックノベル、芸術、美術教育と多岐にわたります。 インド土着の人々や各地に伝わる芸術を取り上げ、 他に類を見ない試みで、 民俗画家たちの作品を初めて本にしたパイオニアと言えます。


タラブックスが本を製作するにあたっては、内容やデザインはもちろん、印刷や製本の方法に至るまで、編集者、作家、画家、デザイナーや印刷職人が意見を出し合うチームでの本づくりにこだわると共に、本のかたちの可能性を学び、追及し続けています。その結果、デジタル隆盛のこの時代に、紙の本に人々の関心をむけることができました。

是非、この機会にタラブックスの出版社としての社会的取り組みに注目し、その美しい本の魅力に触れてみて下さい。


本展は、2018年に東京・板橋区立美術館で大変好評を博し、その後会場も増え、全国各地を巡回中です。

 

☆★☆★ 世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦 ☆★☆★

■開催日時:2019/6/25 ~ 8/18  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)(4月29日、5月6日は開館、5月7日は休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1300円(1200円)  学生1000円(900円)
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


長坂コレクション☆ ヨーロッパ絵画展彡 美術館「えき」KYOTO

当時の人々が日々の暮らしの中で愛し、彼らの精神生活を豊かに培ってきた西洋絵画
バロックという言葉は「歪んだ真珠」を意味するポルトガル語に由来するとされています。
古典的な美、調和、バランスを特色とする15…

当時の人々が日々の暮らしの中で愛し、彼らの精神生活を豊かに培ってきた西洋絵画

バロックという言葉は「歪んだ真珠」を意味するポルトガル語に由来するとされています。
古典的な美、調和、バランスを特色とする15~16世紀のルネサンス美術に対し、バロック美術は動きのある劇的な構図や光と影のコントラストを通して人間の感情を豊かに表現しました。
美術や建築、音楽など幅広い分野でみられ17世紀のヨーロッパ各地で多彩な展開を遂げました。

本展は長野市在住の所蔵家・長坂 剛氏が長年にわたり「伝統的な絵画手法によって描かれた正統派のヨーロッパ絵画」を蒐集したコレクションより、17世紀のバロック美術と19世紀の近代絵画を中心に58点の油彩画をご紹介します。当時の人々が日々の暮らしの中で愛し、彼らの精神生活を豊かに培ってきた西洋絵画を通して、ヨーロッパ文化の芳醇な香りを感じていただける展覧会です。

●バロック音楽ウェルカム演奏♪♪♪
京都市立芸術大学音楽学部 学生と卒業生による演奏で、皆さまをお迎えします。
ひと時のバロック音楽の世界をお楽しみください。
演奏=ヴァイオリン 前山杏氏、コントラバス 池田源輝氏
会場=美術館「えき」KYOTO通路(入口付近)
日時=7月20日(土)・21日(日) 各日各回約15分
①午前11時から ②午後1時から ③午後3時から

※展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。
予めご了承ください。

 長坂コレクション

☆★☆★ ヨーロッパ絵画展 ~バロックから近代へ~  ☆★☆★

■開催日時:2019/7/4~7/28  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555 京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:一般1000円   高・大学生800円   小・中学生600円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 / 京都国立近代美術館

  
20世紀初頭まで数百年間にわたり栄華を極めたオスマン帝国。その象徴として敬われたのは、トルコ語で「ラーレ」と呼ばれる花、チューリップでした。帝国内で盛んに栽培され、品種改良によって2000種もの多彩な姿を見せたラーレは、文学や美術においても好んで表現され…

  

20世紀初頭まで数百年間にわたり栄華を極めたオスマン帝国。その象徴として敬われたのは、トルコ語で「ラーレ」と呼ばれる花、チューリップでした。帝国内で盛んに栽培され、品種改良によって2000種もの多彩な姿を見せたラーレは、文学や美術においても好んで表現されました。


 

作品リスト

トルコ文化年2019 トルコ至宝展
チューリップの宮殿 トプカプの美

本展では、スルタンの宝物をはじめトプカプ宮殿に残る美術工芸品の中から、ラーレ文様があしらわれた品々をご紹介し、オスマンの優美な宮廷文化をご覧いただきます。また、オスマン時代に始まるトルコと日本との友好関係の歴史も振り返ります。





トルコ文化年2019
☆★☆★ トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美 ☆★☆★

■開催日時:2019/6/14~7/28  9:30~17:00
休館日/毎週月曜日 7/16(火)※ただし7/15(月・祝)は開館
■開催場所:京都国立近代美術館
京都市左京区岡崎最勝寺町(岡崎公園内)
■料  金:一般1500円 大学生1100円 高校生600 円  中学生 以下無料
■主  催:京都国立近代美術館  東京国立近代美術館 日本経済新聞社 毎日新聞社
■お問合せ:075-761-4111
■U R L:http://www.momak.go.jp/
https://turkey2019.exhn.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

ジョアン・ミロの彫刻/大山崎山荘美術館

 
スペイン・カタルーニャ自治州の州都バルセロナで生まれたジョアン・ミロ(1893–1983)は、故郷の自然を背景に、鳥、女性、星などをモチーフに作品を制作し独自の境地をひらきます。90歳で生涯を終えるまで奔放な…

 

スペイン・カタルーニャ自治州の州都バルセロナで生まれたジョアン・ミロ(1893–1983)は、故郷の自然を背景に、鳥、女性、星などをモチーフに作品を制作し独自の境地をひらきます。90歳で生涯を終えるまで奔放な表現の世界を探求しつづけ、20世紀を代表する作家となりました。
画家としてひろく知られるミロですが、絵画ばかりでなく、さまざまな分野で精力的に活躍しました。1944年以降、彫刻を積極的に手がけ、すぐれた作品を数多く生みだしています。

本展では当館所蔵の彫刻作品14点を一挙に公開するとともに、絵画作品も加え、「鳥」、「女性」、「人物」などとりわけ作家が好んだ主題について掘り下げながら、いきいきとしたミロの芸術の魅力をご紹介いたします。

  

 

 

☆★☆★ ジョアン・ミロの彫刻 ☆★☆★
―夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション
■開催日時:2019/6/22~9/1  10:00~17:00 (入館16:30まで)
休館日/月曜日 (月曜祝日は翌火曜)
■開催場所:アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
■料  金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料
■お問合せ:075-957-3123
■URL :http://www.asahibeer-oyamazaki.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男 ―/MIHO MUSEUM

近年、友治研究家の調査から、江戸中期に京都と大坂を拠点として活動した友治の姿がおぼろげながら見えてきました。今展はこれを機に永田友治の作品を集め、友治がめざしたもの、そして彼の作品の魅力や秘密について…

近年、友治研究家の調査から、江戸中期に京都と大坂を拠点として活動した友治の姿がおぼろげながら見えてきました。今展はこれを機に永田友治の作品を集め、友治がめざしたもの、そして彼の作品の魅力や秘密について、化学分析による研究成果も交えて紹介します。謎の多い永田友治にせまる初めての展覧会です。

6月30日 (日)
講演会
「謎の蒔絵師 永田友治」

講演者:高尾 曜 (国立能楽堂 事業推進課 調査資料係長)
日時:6月30日 (日) 13:30~15:00 (予定)
会場:南レクチャーホール
定員:100名
申込:不要 当日美術館棟受付にて整理券配布
参加費:無料 別途入館料要

 

 

 

夏季特別展
☆★☆★☆ 謎の蒔絵師 永田友治
―尾形光琳の後継者を名乗った男 ―
☆★☆★☆
■開催日時:2019/6/8~7/15  10:00~17:00
休館日/月曜日 ※(7月15日は開館)
■開催場所:MIHO MUSEUM 南館 中国・西域展示室
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
■料   金:一般1100円  高大生800円  小中生300円
■お問合せ:0748-82-3411
■U R L:http://mihojp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




帝室技芸員の仕事〈七宝編〉☆清水三年坂美術館

明治23年(1890)に制定された帝室技芸員制度は、技量と人柄の両面において優れた美術工芸家を「帝室技芸員」に任命し、その功労を顕彰するものでした。これは古くから培われてきた美術工芸の技術を、皇室の保護のも…

明治23年(1890)に制定された帝室技芸員制度は、技量と人柄の両面において優れた美術工芸家を「帝室技芸員」に任命し、その功労を顕彰するものでした。これは古くから培われてきた美術工芸の技術を、皇室の保護のもと継承・発展させることが目的で、任命された作家には技術の錬磨と後進の育成が義務付けられています。

《菖蒲図皿》濤川惣助(23.3×17.4㎝)

七宝の分野からは、並河靖之(1845~1927)と濤川惣助(1847~1910)のふたりが帝室技芸員に選ばれ、当代の作家にとって最高の栄誉を受けました。綿密な植線と優れた色彩感覚によって有線七宝を極めた靖之と、無線七宝の技法を確立し、絵画作品に肉薄する描写力を七宝の上でも実現した惣助は、国内外で高く評価されています。

 

この度の展示では、当館が誇る並河靖之のコレクションをはじめ、濤川惣助および同時代の職人たちによる名品をご覧頂きます。近代、技術と意匠の改良を経て急速に発展した七宝。名工たちが遺したその美の極致をどうぞお楽しみください。

 

 

☆★☆★   帝室技芸員の仕事〈七宝編〉 ☆★☆★
■開催日時:2019/05/25~8/18  10:00~17:00
休館日/月・火曜日(祝日開館)  (但し、7月15日・8月12日は開館)/臨時休館有
■開催場所:清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
■料  金:一般 800円 中高大生 500円 小学生 300円
■お問合せ:075-532-4270
■U R L:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

Live! Do You KYOTO? Vol.12~音楽と自然を結ぶ~円山公園音楽堂

京都市では,「DO YOU KYOTO?(環境にいいことしていますか?)」を合言葉に,地球温暖化防止に向けた取組を進めています。
京都市「DO YOU KYOTO?」大使として活動いただいている「Live! Do You
KYOTO?実行委員会」との共催により,音楽を楽しみながら自然環境の大切さや…



京都市では,「DO YOU KYOTO?(環境にいいことしていますか?)」を合言葉に,地球温暖化防止に向けた取組を進めています。
京都市「DO YOU KYOTO?」大使として活動いただいている「Live! Do You KYOTO?実行委員会」との共催により,音楽を楽しみながら自然環境の大切さや美しさを共有し,来場者の皆様の環境意識の向上を図るイベント 「Live! Do You KYOTO? Vol.10~音楽と自然を結ぶ~」を下記のとおり開催します

主な内容
(1)出演者による音楽ライブやダンス等のパフォーマンス
(2)出演者からのエコに関するメッセージの発信
当日,門川大作 京都市長も登壇予定。
(3)リユース食器を活用したエコ屋台
(4)ペットボトルキャップの回収(エコキャップ運動への参加)
(5)環境の取組や物産等のPRブース

11015779_900562750004554_7694184441399817740_n

主な出演者
【出演者】堀江ほりえ淳じゅん,鈴木すずきトオル,ACEエース,秋人あきひと,みのや雅彦まさひこ,ふくい舞まい,ナシルほか(順不同)<司会・進行>星のお兄さん,對馬つし ま京子 (五十音順)

 

 


 Live! Do You KYOTO? Vol.12
☆★☆★☆ ~音楽と自然を結ぶ~  ☆★☆★☆

■開催日時:2019/05/26   開場 13:45    14:30~18:30  雨天決行(荒天中止)
■開催場所:円山公園音楽堂
605-0071 京都府京都市東山区円山町
■主  催:京都市/Live! Do You KYOTO?実行委員会ほか
■料   金:当日3500円   前売3000円
■お問合せ:075-213-1000
■U R L:https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000251018.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ





ときたび展 -時を超えて、絵画で旅する日本の名所 -

嵯峨嵐山文華館があるここ嵐山にも、毎年たくさんの旅行者が訪れますが、 日本において 「旅」 が一般的になったのは江戸時代のことです。 各地の美しい景色は 「名所」 となり、 一般庶民がこぞって訪れました。

嵯峨嵐山文華館があるここ嵐山にも、毎年たくさんの旅行者が訪れますが、 日本において 「旅」 が一般的になったのは江戸時代のことです。 各地の美しい景色は 「名所」 となり、 一般庶民がこぞって訪れました。

歌川広重が描いた 「東海道五十三次」 は東海道沿いの名所を斬新な切り口で描き、 爆発的な人気を博しました。本展覧会では五十三次を前期 ・ 後期に分けて一挙公開いたします。 他にも葛飾北斎 「墨堤三美人図」 、 江戸時代の京都の様子を描いた 「洛中洛外図屏風」 など、 人気の名所を描いた作品をご紹介します。

さあ、 時をこえて、 名所めぐりの旅に出かけましょう!

☆★☆★ ときたび展 -時を超えて、絵画で旅する日本の名所 - ☆★☆★

■開催日時:2019/05/18 ~07/21    10:00~17:00
休館日  火曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
■開催場所:嵯峨嵐山文華館(旧・小倉百人一首殿堂 時雨殿)
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
■観覧料金:一般・大学生900円 高校生500円 小中学生300円
■お問合せ:075-882-1111
■U R L:http://www.samac.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ




京都観世会5月例会

演目
能「賀茂」梅田嘉宏
狂言「文荷」茂山七五三
能「夕顔 山ノ端之出法味之伝」河村和重
仕舞 「淡路」浅井通昭
「班女アト」橋本擴三郎
「大江山」片山伸吾
能「藤戸 蹉跎之伝」橋本雅夫

 
☆★☆★ 京都観…

演目

能「賀茂」梅田嘉宏

狂言「文荷」茂山七五三

能「夕顔 山ノ端之出法味之伝」河村和重

仕舞 「淡路」浅井通昭

「班女アト」橋本擴三郎

「大江山」片山伸吾

能「藤戸 蹉跎之伝」橋本雅夫

 

☆★☆★ 京都観世会5月例会  ☆★☆★

■開催日時:2019/5/26      開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
■料   金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-771-6114

■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


ピカソ銅版画347シリーズ展~愛・イメージの奔走

京セラギャラリーにて銅版画作品の最高峰「347シリーズ」全作品を一挙に展示
京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、社会貢献活動の一環で開設している京セラギャラリー※1(京セラ本社ビル1階)において、本年5月18日(土)から6月30日(日)まで、京セラ株式会社創立60周…


京セラギャラリーにて銅版画作品の最高峰「347シリーズ」全作品を一挙に展示
京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、社会貢献活動の一環で開設している京セラギャラリー※1(京セラ本社ビル1階)において、本年5月18日(土)から6月30日(日)まで、京セラ株式会社創立60周年記念展「ピカソ銅版画347シリーズ -愛・イメージの奔走-」を開催します。

 

ピカソは、生涯にわたり2,000点あまりの版画作品を制作していますが、「347シリーズ」は、86歳に達したピカソが、1968年3月16日から10月5日までの204日間に制作した347点の連作銅版画です。 生涯の命題であった女性に対する「愛」を中心テーマとしながら、創造的イメージを展開させていると同時に、画家として生涯に取り上げた数々の題材を回顧している作品でもあります。 絵画とは比べようもないスピードで制作が可能な版画の世界の中で、残されたわずかな時間に溢れんばかりの創造力を一気に爆発させ、なおも革新的な手法に挑戦しつづけたピカソの飽くなき意欲を、この作品群を通して感じていただける内容となっています。

 

[前期] 2019年5月18日(土)~6月5日(水)
[後期] 2019年6月8日(土)~6月30日(日) 




特別展

☆★☆★ ピカソ銅版画347シリーズ展~愛・イメージの奔走 ☆★☆★

■開催日時:2019/5/18~6/30     10:00~17:00
休館日/会期中は無休   (展示替え日6/6  6/7を除く)
■開催場所:京セラギャラリー
〒612-8501 京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地 京セラ本社ビル1F
■観覧料金:無料
■お問合せ:075-604-3518
■U R L:http://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ