ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ彡 美術館「えき」KYOTO

僕の心を惹きつけてやまないのは、
常に中心にあって繰り返し沸き起こる疑問だ
―どこかに帰属する、というのは
そもそもどういうことなのだろう?
ショーン・タン
『見知らぬ国のスケッチ アライバルの世界』
ショーン・タン著 小林美幸訳(河出書房新社)より

オーストラリア…

僕の心を惹きつけてやまないのは、
常に中心にあって繰り返し沸き起こる疑問だ
―どこかに帰属する、というのは
そもそもどういうことなのだろう?

ショーン・タン
『見知らぬ国のスケッチ アライバルの世界』
ショーン・タン著 小林美幸訳(河出書房新社)より

オーストラリアの作家、ショーン・タン(1974~)は1999年に刊行した初めての絵本『ロスト・シング』を元に2010年に短篇アニメーション映画を発表し、アカデミー賞の短編部門の賞を受賞しました。2006年に発表した文字のないグラフィック・ノベル『アライバル』は、大きな反響を呼び、23の言語で刊行されています。日本でも、その独自の世界観と表現方法で熱狂的なファンを獲得しました。本展は、タンの全面的な協力のもとに開催される大規模な個展となります。最初の絵本から最新作まで、彼の緻密で壮大な創作の秘密を解き明かします。

ショーン・タン Photo:Inari Kiuru

 



☆★☆★ ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ ☆★☆★

■開催日時:2019/9/21~10/14  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555   京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:一般900円   高・大学生700円   小・中学生500円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



「北大路魯山人 古典復興-現代陶芸をひらく-」★滋賀県立陶芸の森

京都に生まれた北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻の分野で活動し、30歳代終わりの1922(大正11)年に、生来の食に対する関心から「料理の着物」としての作陶に向かいます。それは単なる食器づくりではありま…

京都に生まれた北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻の分野で活動し、30歳代終わりの1922(大正11)年に、生来の食に対する関心から「料理の着物」としての作陶に向かいます。それは単なる食器づくりではありませんでした。彼は中世以来日本文化の核となっていた茶道を基軸とするわが国の伝統に触れ、一挙に陶芸の古典復興を代表する存在となりました。その活動はまさに<『美』を食す人>と形容できるものです。かつて中国大陸や朝鮮半島からもたらされ、日本人によって守り伝えられたやきもの、そして日本で生み出された素朴な焼締めのやきものから鮮やかな色絵まで、長い年月をかけて積み重ねられてきたやきものの様々な美をすくい上げた魯山人の制作は、絶えず同時代の陶芸家たちを触発しました。

 

本展覧会では、魯山人を中心に同時代の陶芸家たちの作品と、中国、朝鮮、日本陶磁など古典の名品も併せて展示し、現代陶芸の礎となった昭和時代を展望します。

展示構成

Ⅰ はじまりの中国陶磁-色絵・染付・青磁
Ⅱ 朝鮮半島のやきものへ-朝鮮陶磁、そして唐津・萩
Ⅲ 桃山陶へのあこがれ-織部・志野・黄瀬戸など
Ⅳ 名工との対話-日本陶磁 色絵・染付など
Ⅴ 書・漆・画
Ⅵ 枯淡の造形・土にかえる-信楽・伊賀・備前
Ⅶ 現代陶芸をひらく
-特別展示-
  「魯山人と信楽」

 

没後60年特別展

☆★☆★ 「北大路魯山人 古典復興-現代陶芸をひらく-」 ☆★☆★

■開催日時:2019/9/14~12/1       9:30~17:00
■開催場所:滋賀県立陶芸の森  陶芸館
〒529-1804 滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
■入 場 料:一般:800円(640円)高大生:600円(480円)中学生以下無料
■お問合せ:0748-83-0909
■URL   :http://www.sccp.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



秋季特別展「日本の素朴絵 -ゆるい、かわいい、たのしい美術-」

日本では昔から、さまざまな形式の作品がゆるやかなタッチでおおらかに描かれ、大切にされてきました。
それらは「うまい・へた」の物差しでははかることのできない、なんとも不思議な味わいをもっており、見る人を虜…

日本では昔から、さまざまな形式の作品がゆるやかなタッチでおおらかに描かれ、大切にされてきました。
それらは「うまい・へた」の物差しでははかることのできない、なんとも不思議な味わいをもっており、見る人を虜にします。

大津絵「鬼の三味線弾き」
江戸時代(19世紀)
大津市歴史博物館所蔵

素朴絵は、ときには鑑賞の品として親しまれ、ときには庶民が手の届かない「うまい」作品の代替として季節行事に使う道具に用いられ、仏画として信仰の対象にもなってきました。
知識人や富裕層だけでなく、どの時代でも「庶民」が主体となって描き継がれ残されてきた芸術といえます。

本展では、ゆるくとぼけた味わいのある表現で描かれたこのような絵画を「素朴絵」と表現し、
これまで本格的に取り上げられることのなかった、さまざまな時代・形式の素朴絵を紹介することで、名人の技巧や由緒ある伝来に唸るだけではない、新しい美術の楽しみ方をご提供します。

 

 

秋季特別展

☆★☆  「日本の素朴絵 -ゆるい、かわいい、たのしい美術-」  ☆★☆

■開催日時:2019/9/21 ~11/17 10:00~17:00
※10/5(土)・12(土)・19(土)・26(土)は夜間開館のため20時まで開館
休館日/月曜日(ただし9/23、10/14、11/4は開館)、9/24、10/15、11/5
■開催場所:龍谷大学 龍谷ミュージアム
〒600-8399  京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
■料  金:一般1200円 大高生800円 中小生400円
■お問合せ: 075-351-2500
■U R L:http://museum.ryukoku.ac.jp







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



甲斐扶佐義回顧展「京都詩情」

京都の伝説的喫茶店ほんやら洞(2015年焼失)やBAR八文字屋の経営で知られる写真家甲斐扶佐義(かいふさよし)さんの回顧展が開催される。
甲斐扶佐義写真展実行委員会主催で、元離宮二条城での「京都詩情」写真家甲斐扶佐義 初回顧展となる。
  シャボン玉と少女 1991 c K…

京都の伝説的喫茶店ほんやら洞(2015年焼失)やBAR八文字屋の経営で知られる写真家甲斐扶佐義(かいふさよし)さんの回顧展が開催される。
甲斐扶佐義写真展実行委員会主催で、元離宮二条城での「京都詩情」写真家甲斐扶佐義 初回顧展となる。
  

シャボン玉と少女 1991 c Kai Fusayoshi
                           

甲斐は、90年代には京都新聞紙上でフォト&エッセイを連載し、2001年より連続的に欧米各地で招待個展を開催。写真集は「路地裏の京都」「Beautiful Women in Kyoto」「京都の子どもたち」「京都猫町ブルース」等、40冊以上出版している。また、京都美術文化賞や、パリ・ボザール展ジャン・ラリヴィエール賞を受賞するなど、国内外で高く評価されている。
2019年にはフランクフルトのGalerie Isolaで個展を開催するなど、近年もその創作意欲はとどまるところを知らない。

 また,本写真展は「ニュイ・ブランシュKYOTO 2019」のプログラムでもあり,10月5日(土曜日)は夜間開催もある。
キュレーター:パスカル・ボース Pascal Beausseは、美術評論家、キュレーター。パリのフランス国立造形芸術センター (CNAP)の写真コレクションのキュレーターであり、ジュネーブ造形芸術大学 (HEAD)の客員教授を務める。

「京都詩情」
写真家 甲斐扶佐義 初回顧展
会期
令和元年9月21日(土)~10月6日(日)
午前8時45分~午後5時(入城は午後4時まで)
※10月5日(土曜日)のニュイ・ブランシュ当日は午後6時~午後10時も開場
 (最終入場は,午後9時45分)
場所
世界遺産・二条城 二の丸御殿台所(重要文化財)
料金
無料(別途入城料が必要)
※10月5日(土曜日)の午後6時以降は写真展会場のみ公開のため,入城料不要
内容
1970年から現在までの約50年の間に撮影した甲斐扶佐義氏の写真(約150点)を5つのテーマで展。
関連イベントも実施予定。
(テーマ案)
 1 京都詩情
 2 子どもの遊び
 3 猫の町
 4 女性の永遠の美
 5 芸術家が集う場所
主催/問い合わせ
京都市,元離宮二条城 甲斐扶佐義写真展実行委員会
共催:京都市教育委員会,アンスティチュ・フランセ関西
MUZ ART PRODUCE(担当:カルドネル佐枝,森詠美)
TEL: 075-205-5396 メール:kai.exhibition@muz-art.jp
参照web
http://kaifusayoshi.website/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


ヘイセイ・グラフィックス / 京都dddギャラリー

Designed by deValence
deValence(ドヴァランス)は、現在フランスで最も精力的に活動しているグラフィックデザイン・スタジオの一つです。その質の高いデザインの手法は数多くの分野で高く評価され、これまでにヴェ…

Designed by deValence

deValence(ドヴァランス)は、現在フランスで最も精力的に活動しているグラフィックデザイン・スタジオの一つです。その質の高いデザインの手法は数多くの分野で高く評価され、これまでにヴェネツィア・ビエンナーレ、ポンピドゥー・センター、オーベルヴィリエ国立演劇センター、インテリア・デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ・パリ」、ハーバード大学、さらにはピエール・ユイグ、ラファエル・ザルカ、サーダン・アフィフといったフランスを代表する現代アーティストを顧客としてきました。

ドヴァランスのグラフィックデザインは、厳密で効果的な独自の視覚システムを展開し、受け手が能動的にデザインを見、考え、読み取ることを促します。スイスとオランダのデザインの系譜に連なるドヴァランスは、タイポグラフィー、そして形態を操作するプロセスに細心の注意を払っているのです。また、活発なデザインの仕事と並行して、スタジオは出版社B42を併設しており、デザインを含む視覚文化全般に関わる書籍を出版し、視覚文化および社会におけるデザイナーの役割について考察するツールを提供することにも力を入れています。
京都dddギャラリーにて開催される、日本初となる今回の個展では、ドヴァランスが現代グラフィックデザイン変革の一翼を担ってきたことを示す代表的な作品の数々をご覧いただけます。

 

京都dddギャラリー 第222回企画展
☆★☆★ドヴァランス-システムを遊び場に ☆★☆★

■開催期間:2019/8/28~10/23  11:00~19:00(土曜・9/8(日)は18:00まで)
休館日/祝日・日曜(※9/8(日)は特別開館)
■開催場所:京都dddギャラリー
〒616-8533 京都市右京区太秦上刑部町10
地下鉄東西線 太秦天神川駅1番出口 徒歩3分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
■料  金:入場無料
■お問合せ:075-871-1296   担当:熊本
■URL :http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



帝室技芸員の仕事 彫刻編☆清水三年坂美術館

当館所蔵作品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の仕事」シリーズ。今回は石川光明(1852~1913)と高村光雲(1852~1934)の作品を中心に、彫刻分野の帝室技芸員による名品をご覧頂きます。

当館所蔵作品のうち、帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の仕事」シリーズ。今回は石川光明(1852~1913)と高村光雲(1852~1934)の作品を中心に、彫刻分野の帝室技芸員による名品をご覧頂きます。

《法師狸》高村光雲/高28.0cm

帝室技芸員制度は、宮内省(現在の宮内庁)が技術と人柄に優れた当代の美術工芸家を選出し「帝室技芸員」に任命する作家の顕彰制度で、その拝命は作家にとって大変な名誉でした。
光雲と光明は、帝室技芸員制度が発足した明治23年(1890)、ふたり同時に第一回帝室技芸員に任命されています。光雲が仏師として修業を積み生涯木彫一筋で制作を続けた一方、光明は牙彫を中心に木彫や彫漆にも取り組みました。ふたりはそれぞれ異なる姿勢で制作に取り組みながらも互いに敬意を払い、ともに近代彫刻界の発展に貢献しました。

《寒山拾得図手箱》石川光明/
  14.5×27.7×37.0cm(部分)

この度の展示では、光雲・光明の作品に加え、竹内久一(1857~1916)や山崎朝雲(1867~1954)の作品もご紹介します。作品が持つ気品と迫力、そして人物や動物の描写に発揮された妙技を味わって頂ければ幸いです。また、煙管筒のような小品も多数展示致します。精巧な彫りを作品の間近でどうぞご覧ください。

 

 

☆★☆★ 帝室技芸員の仕事 彫刻編 ☆★☆★
■開催日時:2019/8/24~11/17  10:00~17:00
休館日/月・火曜日(祝日開館)
■開催場所:清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
■料  金:一般 800円 中高大生 500円 小学生 300円
■お問合せ:075-532-4270
■U R L:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


広重・北斎とめぐるNIPPON★細見美術館

パリ在住のポーランド人コレクター、ジョルジュ・レスコヴィッチ氏の浮世絵コレクションには、歌川広重や葛飾北斎など日本でもよく知られた絵師の作品が多数あります。その中でも最も注目すべき作品が、江戸と京をむ…

パリ在住のポーランド人コレクター、ジョルジュ・レスコヴィッチ氏の浮世絵コレクションには、歌川広重や葛飾北斎など日本でもよく知られた絵師の作品が多数あります。その中でも最も注目すべき作品が、江戸と京をむすぶ中山道を主題とした「木曾街道六拾九次」です。本展では、本作のシリーズ全図のみならず、全てが初摺という貴重な作品を展観します。

溪斎英泉、広重による本作の展観は、版画の美しさに触れられるまたとない機会となるでしょう。

さまざまな名所絵で昔も今もかわらぬ人気スポットをめぐり、春信や歌麿の美人画、写楽の役者大首絵などの粋な江戸の雰囲気を味わいながら、海を渡った名品との再会をお楽しみください。

 

 

レスコヴィッチコレクション
☆★☆★ 広重・北斎とめぐるNIPPON ☆★☆★

■開催日時:2019/8/27 ~10/20  10:00~18:00
ナイトミュージアム 9/5(木)は午後8時まで延長
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1500円(1400円)  学生1000円(900円)
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

京都観世会八月例会

 
演目
能「兼平」
尉/今井兼平:片山伸吾
旅僧:福王知登
間:小笠原弘晃
狂言「蝸牛」
山伏:小笠原匡
太郎冠者:小笠原弘晃
主人:山本豪一
能「定家」
里女/式子内親王:梅若実
旅僧:福王茂十郎
従僧:喜多雅…

 

演目

能「兼平」
尉/今井兼平:片山伸吾
旅僧:福王知登
間:小笠原弘晃

狂言「蝸牛」
山伏:小笠原匡
太郎冠者:小笠原弘晃
主人:山本豪一

能「定家」
里女/式子内親王:梅若実
旅僧:福王茂十郎
従僧:喜多雅人、是川正彦
間:小笠原匡

仕舞
「放下僧 小歌」松井美樹
「江口 キリ」吉浪壽晃
「籠太鼓」味方玄
「融」田茂井廣道

能「善界」
善界坊/天狗:大江広祐
太郎坊:河村浩太郎
比叡山ノ僧:岡充
従僧:原陸、有松遼一
間:泉愼也

 

 

 京都観世会例会オンラインチケット予約

 

☆★☆★ 京都観世会8月例会 ☆★☆★

■開催日時:2019/8/25    開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒602-0912 京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1
■料    金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券3000円
■お問合せ:075-711-6114(京都観世会館)





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



岩合光昭写真展 こねこ 彡 美術館「えき」KYOTO

岩合さんがライフワークとして撮影を続ける最も身近な野生動物 “ネコ” 。
本展では、岩合さんがこれまでに出会った世界各地域の“こねこ”たちに焦点を当てて紹介します。

愛くるしく元気いっぱいに暮らす“こねこ…

岩合さんがライフワークとして撮影を続ける最も身近な野生動物 “ネコ” 。
本展では、岩合さんがこれまでに出会った世界各地域の“こねこ”たちに焦点を当てて紹介します。

愛くるしく元気いっぱいに暮らす“こねこ”、その日々の冒険を約150点の作品にてお楽しみください。
また、会場では写真集やオリジナルグッズなども販売いたします。

イベント情報

●岩合光昭サイン会

日時:8月10日(土) ①午後1時30分から ②午後3時30分から
会場:美術館「えき」KYOTO
参加方法:当日午前10時から、会場にて<岩合光昭写真集「こねこ」>をお買いあげの方、各回先着150名さまに参加券をお渡しいたします。
※参加券はお一人さま1枚限り。
※サインは当日お買いあげの書籍(3冊まで)にのみさせていただきます。
※開館前にお並びいただく場合は、京都駅ビル大階段7階・美術館入口にてお待ちください。お並びの順にご購入いただきます。

 

●ねこねこスタンプラリー
開催期間:8月2日(金)~26日(月)最終日午後6時終了
会場:美術館「えき」KYOTO、ジェイアール京都伊勢丹内各所

店内各所ラリーポイントを回って、スタンプを集めていただいた方先着5,000名さまに景品を差しあげます。
※景品は、なくなり次第終了となります。 ※詳しくは係員におたずねください。

 

●映画「ねことじいちゃん」(2018年/103分)
上映期間:8月10日(土)~23日(金)
会場:京都シネマ(四条烏丸下る西側COCON烏丸3F/TEL:075-353-4723)
※京都シネマにて、当館の「岩合光昭写真展 こねこ」入場券をご提示いただくと、本映画料金が割引にな

 

ります。
※料金、上映時間など詳細は会場へお問合せください。

 

展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

 

 


☆★☆★   岩合光昭写真展 こねこ   ☆★☆★

■開催日時:2019/8/2~8/26  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555   京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:一般800円   高・大学生600円   小・中学生400円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─

2019年9月、日本で初となるICOM(アイコム)こと国際博物館会議の世界大会が、京都の地で行われることになりました。
京都国立博物館は、明治30年(1897)に開館しました。その主な設立目的は、京都の寺社などに伝…


2019年9月、日本で初となるICOM(アイコム)こと国際博物館会議の世界大会が、京都の地で行われることになりました。

京都国立博物館は、明治30年(1897)に開館しました。その主な設立目的は、京都の寺社などに伝わる貴重な文化財をお預かりして大切に保管し(これを寄託といいます)、展示することにありました。当時は、廃仏毀釈や脱亜入欧の嵐が吹き荒れた後で、文化財が毀損・遺失、もしくは国外流出する危機に直面していたためです。それからおよそ120年。文化財を取り巻く状況は大きく改善されましたが、洪水や地震などの災禍が頻発する昨今、寄託の意義が色あせることはありません。このことは、ICOM京都大会のテーマとなっている「文化をつなぐミュージアム―伝統を未来へ―」とも重なり合うものといえましょう。

本展では、京都国立博物館に収蔵される6,200余件もの寄託品の中から、選りすぐりの名品を展示いたします。一昨年の「国宝」展に勝るとも劣らない美の極致を、ぜひご鑑賞ください。

 

 

ICOM京都大会開催記念 特別企画
京博寄託の名宝 ─美を守り、美を伝える─

会期:2019年8月14日(水)~9月16日(月・祝)
会場:京都国立博物館平成知新館(京都府京都市東山区茶屋町527)
開館時間:午前9時30分~午後5時、金・土曜日は午後9時まで開館(9月7日(土)を除く)
*入館は各閉館30分前まで休館日:月曜日(ただし、9月2日(月)、9月16日(月・祝)は開館)
観覧料:一般520(410)円、大学生260(210)円*()内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込み*高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料(要証明)。*キャンパスメンバーズ(含教職員)、障害者の方とその介護者1名は無料(要学生証・教員証、障害者手帳などの提示)。

無料観覧日:9月7日(土)<国際博物館会議閉会日>9/2~9/7は本館も特別公開しますお問い合わせ:075-525-2473(テレホンサービス)
ホームページ:https://www.kyohaku.go.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ