新春展「近代の博覧会と茶の湯」 / 茶道資料館

19世紀後半、万国博覧会は各国がそれぞれ独自の思想や最新技術を示し、国家の威信をかけて臨む祭典でした。明治維新を契機として近代国家への道を歩みはじめた日本は、各国で開催される万国博覧会で欧米諸国の先進技…



19世紀後半、万国博覧会は各国がそれぞれ独自の思想や最新技術を示し、国家の威信をかけて臨む祭典でした。明治維新を契機として近代国家への道を歩みはじめた日本は、各国で開催される万国博覧会で欧米諸国の先進技術を学び取る一方、茶の湯を日本固有の文化のひとつとして世界にアピールしました。

シカゴ・コロンブス世界博覧会(1893年)出品
交趾釉花墻図水指(抹茶器一式のうち)
    永楽得全作
東京国立博物館蔵 Image: TNM Image Archives

また日本国内では、裏千家十一代家元玄々斎精中(げんげんさいせいちゅう・1810-1877)の創案に基づき、高弟前田瑞雪(まえだずいせつ・1833-1914)が、明治5年(1872)に開催された第1回京都博覧会において訪日外国人のために卓と椅子を用いた新しい茶の点前「立礼(りゅうれい)」を披露するなど、西洋化する生活様式に対応した形式が考案されます。



本展では、国内外で開催された博覧会へ出品された千家十職の作品や、立礼の成立を示す史料、京都の伝統工芸に取り入れられた新しい技術や図案をめぐる作品などを展示し、日本を取り巻く情勢が大きく変容した時代の茶の湯について紹介します。

 

「出品目録」はこちら

 

前期:1月 7日(火) ~ 2月 2日(日)
後期:2月28日(金) ~ 3月29日(日)
(※前期と後期で展示替えを行います)

 


令和2年新春展
☆★☆★  新春展「近代の博覧会と茶の湯」☆★☆★

併設展「鵬雲斎コレクション撰」

■開催日時:2020/1/7~3/29 9:30~16:30(入館と無料呈茶は16:00まで)
休館日/月曜日  (ただし1月13日は開館)、1月14日(火)、
展示替え期間(2月3日~2月27日)
■開催場所:茶道資料館
京都市上京区堀川通寺之内上ル682番地(裏千家センター内)
■料   金:一般700円 大学生400円 中高生300円 小学生以下無料
■お問合せ:075-431-6474
■URL :http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinow/tenji.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


華めく洋食器★細見美術館

大正 8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきました。
「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランス…

大正 8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきました。
「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質を有していると評価されています。品格を備えた洋食器は、皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛されたほか、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担ってきました。

瑠璃透彫サービス皿 1940‐45年  個人蔵

陶磁器に出会うシリーズ9回目の本展では、草創期から現在までの作品を通して、その優れたデザインや品質を紹介するとともに、日本の洋食器文化における同園の役割を探ります。また、最新の調査結果を反映し、これまで知られることのなかった創業当時など戦前の様子を伝える貴重な資料をご覧頂きます。さらに、当館のロゴや琳派展のグラフィックを行なってきた仲條正義氏デザインの大倉陶園の洋食器の特別展示なども併せて行います。

 

【前期】1月7日~2月16日/【後期】2月18日~3月29日

 

☆★☆★ 華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化 ☆★☆★

■開催日時:2020/1/7 ~3/29  10:00~18:00
休館日/月曜日(祝日の場合は開館、翌火曜日休館)
■開催場所:細見美術館  京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
■料  金:一般1400円(1300円)  学生1100円(1000円)
■お問合せ:075-752-5555  info@emuseum.or.jp
■URL :http://www.emuseum.or.jp/index.html






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


夢二のてしごと☆彡嵯峨嵐山文華館

マルチクリエイター、夢二による肉筆画、
楽譜表紙原画、デザイン画が大集合!
竹久夢二(1884-1934)と聞いてみなさんはどのような作品を思い浮かべますか?
洋装姿のハイカラな女性や着物姿の物憂げな美人をイメー…

マルチクリエイター、夢二による肉筆画、
楽譜表紙原画、デザイン画が大集合!

竹久夢二(1884-1934)と聞いてみなさんはどのような作品を思い浮かべますか?
洋装姿のハイカラな女性や着物姿の物憂げな美人をイメージする方が多いでしょう。
しかし、夢二の画業はそれだけにとどまりません。本の装丁、楽譜や雑誌の表紙・挿絵、さらには作詞も手掛けるマルチな才能の持ち主でした。使用した画材も、油彩、水彩、パステル、ペンなど多岐にわたります。

本展覧会では「セノオ楽譜」など貴重な原画をはじめ、夢二の多才ぶりを感じる作品を前期後期に分け、多数展示いたします。
初期から晩年までの夢二の幅広い「てしごと」をお楽しみください。

 

前期:10月26日(土)~12月2日(月)
後期:12月4日(水)~2020年1月13日(月)
(12月22日は13:00~17:00のみ開館、年末年始12月30日~1月1日は休館)




☆★☆★   夢二のてしごと   ☆★☆★

■開催日時:2019/10/26 ~2020/1/13    10:00~17:00
休館日  火曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)年末年始(12/30~1/1)
■開催場所:嵯峨嵐山文華館(旧・小倉百人一首殿堂 時雨殿)
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
■観覧料金:一般・大学生900円 高校生500円 小中学生300円
■お問合せ:075-882-1111
■U R L:http://www.samac.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


何必館コレクション 北大路魯山人展 -和の美を問う-

北大路魯山人は、京都上賀茂神社の社家に生まれ、書家、篆刻家として出発し、陶芸をはじめ、絵画、漆芸、金工など、分野を超えて個性溢れる作品を数多く生み出しました。また、美食の追求からその実践の場として「美…

rosanjinport
北大路魯山人は、京都上賀茂神社の社家に生まれ、書家、篆刻家として出発し、陶芸をはじめ、絵画、漆芸、金工など、分野を超えて個性溢れる作品を数多く生み出しました。また、美食の追求からその実践の場として「美食倶楽部」、「星岡茶寮」を創設し当時第一級の政治家や財界人、文化人らが集うサロンとして、その名は全国に広まりました。

015 0i
鎌倉の「星岡窯」で、魯山人自身が使うために生み出された器の美しさは、日本だけでなく、海外でも高く評価されています。昭和29年、ニューヨーク近代美術館において「魯山人展」がかいさいされたのをはじめ、国内外で多くの展覧会が開催され、魯山人の作り上げた美学は没後半世紀を経た今もなお、人々を魅了してやみません。

本展覧会では、コレクションの中から厳選した作品約100点を、初公開の作品も含めて「陶」「書」「茶」「花」「食」の5つのテーマに分け、古材や更紗、根来などと取り合わせ全館を使い展示。

生涯をかけて日本の美と食を追及した北大路魯山人の「和の美」の魅力をご高覧ください。

 


何必館コレクション
☆★☆★ 北大路魯山人展 -和の美を問う- ☆★☆★

■開催日時:2019/11/3~2020/1/19  10:00~18:00
休館日/月曜日   12/28~1/4  (11/4,1/13は開館)
■開催場所:何必館・京都現代美術館
京都市東山区祇園町北側271
■入 場 料:一般1000円   学生800円
■お問合せ:075-525-1311 kaahitsukan@kahitsukan.or.jp
■U R L :http://www.kahitsukan.or.jp






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


「装剣金工の名匠 後藤一乗」☆清水三年坂美術館

後藤一乗(1791~1876)は幕末から明治初めに活躍した装剣金工です。後藤家は代々将軍家の御用を務めた装剣金工の名門で、一乗は数えで15歳の時にその分家の当主となりました。

一乗は若くから彫技を発揮し、文政7年(1824)、光格天皇のために刀装金具一式を制作した功に…

後藤一乗(1791~1876)は幕末から明治初めに活躍した装剣金工です。後藤家は代々将軍家の御用を務めた装剣金工の名門で、一乗は数えで15歳の時にその分家の当主となりました。


一乗は若くから彫技を発揮し、文政7年(1824)、光格天皇のために刀装金具一式を制作した功により法橋の位に叙せられます。さらに、嘉永4年(1851)に徳川幕府の招きによって京都から江戸へ出て十人扶持を賜るなど、朝廷や幕府の御用を務めました。明治維新後も京都府の勧業場などで制作を続け、廃刀令が発された明治9年(1876) に亡くなりました。

後藤家では制作手法・素材・題材について先祖伝来の決まりごとがありましたが、一乗は使用が制限された素材も好んで用いています。また、絵画・俳諧・和歌にも長じたため、その素養を発揮した雅味ある作品を多く残し、後藤家代々の中で一風を成しました。

 

 

 

 



☆★☆★ 「装剣金工の名匠 後藤一乗」 ☆★☆★
■開催日時:2019/11/23~2020/12/2 10:00~17:00
休館日/月・火曜日(祝日開館)
■開催場所:清水三年坂美術館
〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1
■料  金:一般 800円 中高大生 500円 小学生 300円
■お問合せ:075-532-4270
■U R L:http://www.sannenzaka-museum.co.jp/




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



清宮質文 -限りなく深い澄んだ空気/大山崎山荘美術館

清宮質文(せいみや なおぶみ 1917-1991)は、画家、版画家の清宮彬(ひとし)の長男として東京に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で油彩画を学びます。1953年ころから画業に専念するようになり、以降、本…

清宮質文(せいみや なおぶみ 1917-1991)は、画家、版画家の清宮彬(ひとし)の長男として東京に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で油彩画を学びます。1953年ころから画業に専念するようになり、以降、本格的に版画やガラス絵を制作しました。その静謐で詩情に満ちた画風は高く評価され、今でも多くの人々を魅了してやみません。

本展は、関西ではじめて、その画業の全貌を紹介する機会となります。版画家として広く知られる清宮ですが、ガラス絵の作品にも焦点をあて、心の奥底へ深くしみ渡っていくような清宮質文の芸術の魅力を紹介いたします。

 

【前期】2019年12月14日(土)-2020年1月26日(日)
【後期】2020年1月28日(火)-2020年3月8日(日)

午前10時~午後5時 ※最終入館は午後4時30分まで

 

  <

 

 




☆★☆★ 清宮質文 -限りなく深い澄んだ空気 ☆★☆★

■開催日時:2019/12/14~2020/3/8  10:00~17:00 (入館16:30まで)
休館日/月曜日 (月曜祝日は翌火曜)
年末年始休館:2019年12月26日(木)~2020年1月3日(金)
■開催場所:アサヒビール大山崎山荘美術館
〒618-0071 京都府乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原5-3
■料  金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料
■お問合せ:075-957-3123
■URL :http://www.asahibeer-oyamazaki.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

2002年から活動を始めたtupera

tuperaは、『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活躍の場を広げます。紙を切って、さまざまな色と形で彩る…大人もクスッと笑ってしまうような仕掛け、ユーモアにあふれた作…



2002年から活動を始めたtupera tuperaは、『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活躍の場を広げます。紙を切って、さまざまな色と形で彩る…大人もクスッと笑ってしまうような仕掛け、ユーモアにあふれた作品を次々に発表。2013年、『しろくまのパンツ』(2012年)が「第18回日本絵本賞読者賞」を受賞すると、同作は「第2回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリ」など数々の賞を受賞。


同年、『パンダ銭湯』(2013年)が続けて「第3回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリ」、2018年には『わくせいキャベジ動物図鑑』(2016年)が「第23回日本絵本賞大賞」、そして今年、「第1回やなせたかし文化賞大賞」を受賞しました。今やその作品は英語やフランス語など、世界11言語に翻訳され、人気を博しています。



本展は、tupera tuperaの軌跡をたどる大規模な展覧会です。代表作である絵本の原画を中心に、立体やイラストレーション、映像作品など約300点の作品を展示。貼り絵やコラージュを駆使して彩られた、色鮮やかで繊細な手仕事の世界がお楽しみいただけます。

 




☆★☆★ ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展☆★☆★

■開催日時:2019/11/23~12/25  10:00~20:00
■開催場所:美術館「えき」KYOTO
〒600-8555   京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
■入 場 料:一般900円   高・大学生700円   小・中学生500円
■お問合せ:075-352-1111
■URL :http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


第256回 市民狂言会

Canon Inc
 
時代を超えて愛され続ける、狂言の笑いに触れてみてください
昭和32年から続く、歴史ある狂言会。
さまざまな演目が用意されています。

狂言会で大笑い。冬の寒さを吹き飛ばせ。
古典のおもしろさで、心…

Canon Inc

 

時代を超えて愛され続ける、狂言の笑いに触れてみてください
昭和32年から続く、歴史ある狂言会。
さまざまな演目が用意されています。

狂言会で大笑い。冬の寒さを吹き飛ばせ。
古典のおもしろさで、心も身体もほっかほかに!

みなさんお誘いあわせの上、ぜひお越しください!

 

宝の槌(たからのつち)
なんでも出てくるドラえもんの「四次元ポケット!」
なんでも出てくる鬼ヶ島の鬼の持つ「打ち出の小槌?」

果報者    茂山七五三
太郎冠者   茂山  茂
すっぱ    網谷 正美

御茶の水(おちゃのみず)
狂言ではラブシーンは上品に謡でやります。
室町時代のラブソングをお聞きあれ!

新発意    茂山 逸平
住持     茂山あきら
いちゃ    茂山千之丞

附子(ぶす)
狂言の中でも、超有名な作品です。
昔は学校の教科書にも登場。

太郎冠者   丸石やすし
主人     茂山千三郎
次郎冠者   松本  薫

蟹山伏(かにやまぶし)
怪物、カニの精 甲州蟹ヶ沢に現る!
山伏の祈祷の効き目は?

山伏     茂山忠三郎
強力     山口 耕道
蟹の精    鈴木  実

 

 




☆★☆★ 第256回   市民狂言会  ☆★☆★

■開催日時:2019/12/6     開場18:30  開演19:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44
地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約5分
■料    金:一般前売券2500円 当日券3000円
■主   催:京都市
■お問合せ:075-213-1000 京都芸術センター
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


ポスターにおける写真表現

現代において、ポスターに写真が使われることは、非常に一般的です。写真が使われているポスターをその表現方法に注目してみると、トリミングやモンタージュ、文字との構成など、あらゆる表現が存在していることに気づくでしょう。またそれらは、当時の社会情勢や印刷技術の…

現代において、ポスターに写真が使われることは、非常に一般的です。写真が使われているポスターをその表現方法に注目してみると、トリミングやモンタージュ、文字との構成など、あらゆる表現が存在していることに気づくでしょう。またそれらは、当時の社会情勢や印刷技術の発展とも無関係ではありません。
本展は、京都工芸繊維大学美術工芸資料館のコレクションから、日本のポスターにおける写真表現に着目したものです。第1室では、日本でポスターに写真が使われだした初期の作品を、それらに影響を与えた美人画ポスターと共に展示します。第2室では、1960年代、70年代の大島弘義や檜垣紀六、TAB(Tokyo Art Bureau)、粟津潔等の作家による表現豊かな映画ポスターを紹介します。第3室では、グラビア印刷の色彩が美しい亀倉雄策による1964年の東京オリンピックのポスターを起点に、写真の使われているオリンピックポスターを展示します。

 

「草の根のアール・ヌーヴォー 明治期の文芸雑誌と図案教育」
会期:2019年10月28日(月)~11月22日(金)
●博物館実習展示:「纏う自然ー着物の中に見る、自然表現」/「考える余白」
会期:2019年12月2日(月)~12月19日(木)(予定)

 



☆★☆    ポスターにおける写真表現    ☆★☆

■開催日時:2019/11/18 ~12/14 10:00~17:00
休館日/日曜・祝日
■開催場所:京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町
■料  金:一般200円 学生150円 高校生以下無料
■お問合せ:075-724-7924 E-Mail:siryokan@kit.ac.jp
■U R L:http://www.museum.kit.ac.jp/





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


開館記念 福美コレクション展☆ 嵯峨嵐山★福田美術館

応挙、若冲、松園、幻のコレクション。
オープンを記念し た開館展では、会期をI期 ・II期にわ け、ほ ぼ完全入替で、約80点の作品を公開い たし ます。 俵屋宗達(生没年不詳)
や尾形光琳(1658-1716)の琳派、狩野山…

応挙、若冲、松園、幻のコレクション。
オープンを記念し た開館展では、会期をI期 ・II期にわ け、ほ ぼ完全入替で、約80点の作品を公開い たし ます。 俵屋宗達(生没年不詳) や尾形光琳(1658-1716)の琳派、狩野山雪(1589-1651)、狩野探幽(1602-1674)などの狩野派、円山応挙(1 733-1795)、長沢芦雪(1754-1799)、呉春(1752-1811)などの四条円山派など江戸時代の絵画から、竹内栖鳳(1864-1942)、上村松園(1875-1949) など明治以降に活躍した画家たちの名品を 一挙公開します。

上段左よ り(すべて 部分) 竹久夢二切支丹波天連渡来之図1914(大正3)年、円山応挙巌頭飛雁図1767(明和4)年、上村松園人形遣之図20世紀前半、 竹内栖鳳金獅図1906(明 治39)年 、下段左よ り(す べて部分) 伊藤若冲群鶏図押絵貼屏風1797(寛 政9)年 、俵屋宗達益田家本伊勢物語図色紙 第二段「西の京」17世紀、 横山大 観 富士図1945(昭和20)年頃、速水御舟露潤1932(昭和7)年報道関係各位 春は桜花舞い、秋は紅葉に彩られる嵯峨嵐山。

古来より多くの貴族や文化人に愛され、芸術家たちがすぐれた作品を生み出す源泉となったこの地に2019年10月、福田美術館が開館。 「100年続く美術館」をコンセプトに、現代まで受け継がれてきた日本文化を次世代に伝え、さらなる発展へと繋がる美術館を目指します。

 

会期I期2019年10月1日( 火) ~11月18日( 月)
会期II期2019年11月20日( 水) ~2020年1月13日( 月・ 祝)

 

 

☆★☆ 開館記念 福美コレクション展 ☆★☆
―京都の復興と教育・学区― その3 発展
■開催日時: 2019/10/1~2020/1/13   10:00~17:00
休館日/火曜日(祝日の場合は翌平日)12/29~1/1
■開催場所:福田美術館
〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16
■料  金:一般・ 大学1300円 高校生700円     小・中学生400円
■お問合せ:075-863-0606 Fax:075-863-0607  info@fukuda-art-museum.jp
■U R L:https://fukuda-art-museum.jp/








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ