第35回 狂言五笑会 府立文化芸術会館

五笑会とは・・・
大蔵流狂言・茂山千五郎家の血族以外の同門、
島田洋海・増田浩紀・井口竜也・鈴木実・山下守之の五人によって構成されています。
各々の修行の場として年4回の定例公演を開いています。
第35回 狂言五笑会
演目

小舞 暁の明星 鈴木
小舞 鵜飼 井口
小…

五笑会とは・・・

大蔵流狂言・茂山千五郎家の血族以外の同門、
島田洋海・増田浩紀・井口竜也・鈴木実・山下守之の五人によって構成されています。

各々の修行の場として年4回の定例公演を開いています。


第35回 狂言五笑会

演目


小舞 暁の明星 鈴木
小舞 鵜飼 井口
小舞 景清 増田
鐘の音 島田、山下、鈴木
悪坊 井口、増田、島田
伯母ヶ酒 鈴木、山下

 

582132_374122155988557_1836815639_n

 




☆★☆★ 第35回 狂言五笑会 ☆★☆★

■開催日時:2019/9/27       18:30開場    19:00開演~20:30
■開催場所:京都府立文化芸術会館 3階和室
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
■料   金:一般当日1200円(1000円)  学生800円
■お問合せ:文化芸術会館 075-222-1046
■URL :https://www.facebook.com/GOSHOKAI






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ミュージカル『ノートルダムの鐘』★劇団四季

2019年7月28日(日)開幕11月30日(土)公演分まで好評発売中
12月1日(日)~2020年1月19日(日)公演分
7月21日(日)会員先行予約開始  7月28日(日)一般発売開始
生まれながらに障がいを持ち、大聖堂の鐘突き…

2019年7月28日(日)開幕11月30日(土)公演分まで好評発売中

12月1日(日)~2020年1月19日(日)公演分
7月21日(日)会員先行予約開始  7月28日(日)一般発売開始

生まれながらに障がいを持ち、大聖堂の鐘突き塔で孤独に暮らすカジモド。その彼の心に変化をもたらす、美しきジプシーの女・エスメラルダ。彼女に惹かれる大聖堂の大助祭・フロローと、大聖堂警備隊長・フィーバス。複雑に絡み合う男女4人の愛と憎しみから、人間の”光”と”闇”を深く美しく描き出します。



 

ミュージカル『ノートルダムの鐘』

会場 京都劇場
日時 2019/7/28(日) 開幕 【11/30(土)公演分まで発売中】
住所 京都市下京区烏丸通塩小路下ル 京都駅ビル内
交通 各線「京都」駅より徒歩数分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 S席10800円
A席8640円
B席6480円
C席3240円
※消費税込(今後、消費税が増税された場合は、料金を改定させていただきます)
※公演当日3歳以上有料(2歳以下入場不可、有料託児サービス有)
お問合せ先 ナビダイヤル 0570-008-110
ホームページ

https://www.shiki.jp/applause/notredame/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



京都観世会6月例会

演目
能「通小町」  河村晴久

狂言「粟田口」小笠原匡

能「隅田川」浅見真州

仕舞「芦刈」井上裕久
「自然居士」浦田保浩
「芭蕉」片山九郎右衛門
「猩々」大江又三郎能「鵜飼」吉田篤史

 

 

☆★☆★ 京都観世会6月例会 ☆★☆★
■開催日時:2019/6/23    …

演目

能「通小町」  河村晴久
狂言「粟田口」小笠原匡
能「隅田川」浅見真州
仕舞「芦刈」井上裕久
「自然居士」浦田保浩
「芭蕉」片山九郎右衛門
「猩々」大江又三郎能「鵜飼」吉田篤史

 

 





☆★☆★ 京都観世会6月例会 ☆★☆★

■開催日時:2019/6/23    開場10:00  開演11:00
■開催場所:京都観世会館
〒602-0912 京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1
■料    金:前売指席券6000円 当日指席券6500円 学生券(2階自由席)3000円
■お問合せ:075-711-6114 公益社団法人京都観世会
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



mama!milk 20周年記念コンサート

mama!milkの活動20周年を記念し、演出家白井晃、作曲家阿部海太郎を招き、重要文化財である京都文化博物館 別館ホールにてコンサートが開催される。

京都を拠点に各地をめぐり音楽を奏でる、アコーディオン奏者とコントラバス奏者によるユニット
mama!milkのこれまで紡いで…

mama!milkの活動20周年を記念し、演出家白井晃、作曲家阿部海太郎を招き、重要文化財である京都文化博物館 別館ホールにてコンサートが開催される。


京都を拠点に各地をめぐり音楽を奏でる、アコーディオン奏者とコントラバス奏者によるユニット mama!milkのこれまで紡いできた楽曲を軸に、「ここにいること, 旅をすること」と題し、mama!milkと縁で結ばれた2人の表現者——演出家の白井晃と作曲家の阿部海太郎が、それぞれの見地より共同で構成・編曲・客演するという1日限りの特別なプログラムとなっている。


 



 

mama!milk 20周年記念コンサート
「ここにいること, 旅をすること」
日時
2019年7月7日(日)
[昼の部]開場 14:30/開演 15:00
[夜の部]開場 17:30/開演 18:00
会場
京都文化博物館 別館ホール(重要文化財)
〒604-8183 京都市中京区東片町623-1 TEL: 075-222-0888
WEBサイト:http://www.bunpaku.or.jp/
出演
mama!milk
生駒祐子|アコーディオン 清水恒輔|コントラバス
阿部海太郎
白井晃
料金/予約
一般前売
4,000 円/当日 4,500 円
《オンラインチケットLivePocket》にて販売中。
一般前売 https://t.livepocket.jp/e/mm20_g
スライディング・スケール制 https://t.livepocket.jp/e/mm20_s
問い合わせ
企画制作 UNGLOBAL STUDIO KYOTO
info@unglobal.jp
参照web
https://t.livepocket.jp/t/mm20_p





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



第254回記念 市民狂言会

昭和32年に第1回を開催して以降、大蔵流茂山千五郎家・忠三郎家の協力のもと、市民の皆様に親しまれる狂言会として「市民狂言会」を開催しています。今回で254回目を迎えます。

 

 
☆★☆★ 第254回   市民狂言会  ☆★☆★
■開催日時:2019/06/07     開場18:30…



昭和32年に第1回を開催して以降、大蔵流茂山千五郎家・忠三郎家の協力のもと、市民の皆様に親しまれる狂言会として「市民狂言会」を開催しています。今回で254回目を迎えます。


 

 




☆★☆★ 第254回   市民狂言会  ☆★☆★

■開催日時:2019/06/07     開場18:30  開演19:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町447
地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約5分
■料    金:一般前売券2500円 当日券3000円
■主   催:京都市
■お問合せ:075-213-1000 京都芸術センター
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/









「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

南座新開場記念『京都ミライマツリ2019』

歌舞伎発祥の地に建ち、日本最古の歴史をもつ劇場・南座で、2019年5月新たな“お祭り”が誕生!
平成~令和を代表するアーティストが京都南座に集合。KICK THE CAN CREWほか第三弾アーティスト発表!
400年に亘る歴史と伝統を今に伝える南座の劇場空間で、最新テクノロジーや…

歌舞伎発祥の地に建ち、日本最古の歴史をもつ劇場・南座で、2019年5月新たな“お祭り”が誕生!

平成~令和を代表するアーティストが京都南座に集合。KICK THE CAN CREWほか第三弾アーティスト発表!

400年に亘る歴史と伝統を今に伝える南座の劇場空間で、最新テクノロジーや現代のカルチャーをかけ合わせた新感覚のお祭り体験を提供いたします。前半日程「音マツリ」に出演する追加アーティストを発表致します!
■前半(4/30~5/5)「音マツリ –OTOMATSURI–」
南座新開場後初のライブフェスを開催。平成から新元号へと移り行く時代の節目に、日替わりで新時代を牽引する南座初出演のアーティストたちが登場し、歴史ある舞台でライブフェスを実施します。

「音マツリ –OTOMATSURI–」第三弾発表 出演アーティスト





南座新開場記念『京都ミライマツリ2019』Supported by SUNTORY

Ⅰ「音マツリ –OTOMATSURI–」
【期  間】  4月30日(火)~5月5日(日)
【出 演 者】 出演アーティストや開演時間、料金等の詳細は別紙に記載。ワンドリンク付

Ⅱ「昼マツリ –HIRUMATSURI–」
【期  間】 5月12日(日)~5月25日(土)
【営業時間】 11:00~17:30
※ご入場開始時間を区分した前売チケットを発売。
※滞在時間に制限はありませんが最終退出時刻は17:30
【入場料金】 ワンドリンク付 チケット 大人¥2,000- 子ども¥1,000-(税込)
※館内全ての体験料金を含む。飲食メニューは別途有料。
※4歳以上有料、3歳以下入場無料。

Ⅲ「夜マツリ –YORUMATSURI–」
【期  間】 5月12日(日)~5月24日(金)
【営業時間】 ・Weekday Night(月~木)    Open18:30~22:00
・Weekend Special Night(金土日) Open18:30~23:00
【入場料金】 ワンドリンク付 ナイトチケット
・Weekday Night(月~木)    一律¥2,000-(税込)
・Weekend Special Night(金土日) 一律¥3,000-(税込)
※館内の飲食メニューは別途有料。

主催・製作・企画:松竹株式会社





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

茂山千之丞襲名、おめでとう!公演/第253回 市民狂言会

1957年(昭和32年)から京都市が主催で開催している歴史ある狂言会です。
大蔵流茂山千五郎家・忠三郎家のご協力のもと、市民の皆様に親しまれています。

*会場にて、平成31年度市民狂言会 年間席札(8,000円) を先…


1957年(昭和32年)から京都市が主催で開催している歴史ある狂言会です。
大蔵流茂山千五郎家・忠三郎家のご協力のもと、市民の皆様に親しまれています。

*会場にて、平成31年度市民狂言会 年間席札(8,000円) を先行販売いたします。

 

番組

盆山(ぼんさん)
泥棒の初心者、知人の家へ盗みに忍び入る?

男      丸石やすし
某      茂山千三郎
後見     増田 浩紀

船渡聟(ふなわたしむこ)
きれい!冬の風物詩 渡し舟の情緒が浮かびます。

聟      茂山 童司改メ千之丞
舅      茂山あきら
太郎冠者   鈴木  実
船頭     茂山  茂
後見     山下 守之

右近左近(おこさこ)
寝取られ男の悲劇かな! 嗚呼…

右近     茂山七五三
妻      茂山 逸平
後見     井口 竜也

神鳴(かみなり)
昔より、怖いもの 地震、雷、火事、親父。
でも、最近の親父と狂言の雷は怖くない。

神鳴     茂山 宗彦
医師     茂山千五郎
後見     島田 洋海
地謡     茂山  茂
網谷 正美
井口 竜也
山下 守之

 

 茂山千之丞襲名、おめでとう!公演

☆★☆★ 第253回 市民狂言会  ☆★☆★

■開催日時:2019/3/1     開場18:30  開演19:00
■開催場所:京都観世会館
〒606-8344 左京区東山仁王門東入岡崎円勝寺町44 地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約5分
■料    金:一般前売券2500円 当日券3000円
■主   催:京都市
■お問合せ:075-213-1000 京都芸術センター
■URL :http://www.kyoto-kanze.jp/





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




第40回 Kyoto演劇フェスティバル

Kyoto演劇フェスティバル(通称:演フェス)は関西全域の劇団・人形劇団などの創造活動を行っている団体・個人を対象に、大きな舞台での「発表の場」を設けるだけでなく、観客の皆さんに対しても「ナマの舞台って面白…


Kyoto演劇フェスティバル(通称:演フェス)は関西全域の劇団・人形劇団などの創造活動を行っている団体・個人を対象に、大きな舞台での「発表の場」を設けるだけでなく、観客の皆さんに対しても「ナマの舞台って面白い!」と、感じてもらえる「出会いと交流の場」となることを願って昭和54年(1979年)より休むことなく、京都府立文化芸術会館を会場に毎年賑々しく開催を続けている京都府内最大の演劇祭です。

 今回は従来の公募公演に加え、合同創作劇の実施(13年ぶり!)や、プロアマ合同人形劇のほか、若手演劇人の支援などの第40回記念プログラムを加え、従来以上に充実した内容で、賑々しく開催します!

 

2019年2月3日(日)
13:30~17:45
2019年2月9日(土)
13:30~18:00
2019年2月10日(日)
13:30~18:10
2019年2月11日(月・祝)
13:30~18:00
2019年2月16日(土)
13:30~18:15
2019年2月17日(日)
13:30~17:45 

 

☆★☆★☆ 第40回 Kyoto演劇フェスティバル ☆★☆★☆

■開催日時:2019/2/3~2/24
■開催会場:京都府立文化芸術会館
〒602-0858 京都市上京区河原町通広小路下ル
■料  金 :開催日ごとにご確認ください。
■お問合せ: 075-222-1046
■URL       :http://www.bungei.jp/cgi-bin/eventinfo/details.cgi?1513910187-20180212#01






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

1月15日★百万遍さんの”初手づくり市”

毎月15日★百万遍さんの手づくり市やってます
 
Garden Porter
 

「素人さんが創った手づくりの作品を発表する場」、青空個展会場を、と 「私が創りました。買ってください。」と1987年に始まった「手づくり市」。
以来、雨の日も、風の日も、雪の日も、毎月かかさず、現…

毎月15日★百万遍さんの手づくり市やってます

 

Garden Porter
Garden Porter

 

人さんが創った手づくりの作品を発表する場」、青空個展会場を、と 「私が創りました。買ってください。」と1987年に始まった「手づくり市」。
以来、雨の日も、風の日も、雪の日も、毎月かかさず、現在まで26年も「手づくり市」を続けてきた主催者は、
「市が大きくなった分、いろんな問題も起きてきますが、ひとつひとつ片付けながら、また、来月も。ここから多くのアーティストが飛び立っていってくれたら…という思いで。」と語る。

 

百万遍さんの手づくり市 MAP

出展者も毎月400店以上になり、人気商品は売り切れ続出、の盛況ぶり。

 

 

チョット早めのお出かけで、お気に入りをゲット!!

 

fad3d8b9

 

「百万遍さんの手づくり市」写真館

 

photo20141215-05a

出展者インフォメーション

 

 



☆★☆★☆ 百万遍さんの手づくり市 ☆★☆★☆
■開催場所:百萬遍知恩寺(京都市左京区田中門前町103-27)
■開催日時:2019/1/15  8:00~16:00 ※毎月15日、中雨決行
■料  金  :境内無料
■お問合せ:手づくり市 事務局 075-771-1631(10:00~15:00)
■URL     :http://www.tedukuri-ichi.com/

 




京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



第3回「大マンガラクタ館」戦前の童画雑誌『カシコイ』の世界

京都国際マンガミュージアムでは、「世の中に忘れられたマンガの先祖たちを掘りおこし、現代マンガのルーツをさぐる」ということを目的に、荒俣宏館長が企画し、プロデュースする「大マンガラクタ館」という小展示シリーズを展開している。

第3回となる今回は、戦前に発行さ…

京都国際マンガミュージアムでは、「世の中に忘れられたマンガの先祖たちを掘りおこし、現代マンガのルーツをさぐる」ということを目的に、荒俣宏館長が企画し、プロデュースする「大マンガラクタ館」という小展示シリーズを展開している。

第3回となる今回は、戦前に発行されていた幻の学年誌『カシコイ』シリーズを、掲載されていた童画の原画や関連書籍などで紹介している。



童画雑誌『カシコイ』の世界

開催日時
開催中~2019年3月31日(日)まで
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日
毎週水曜日、12月26日(水)~1月4日(金)、2月4日(月)~2月8日(金)
場所
京都国際マンガミュージアム 2階 館長室前
■アクセス
阪急京都線・烏丸駅下車、京都市営地下鉄烏丸線国際会館ゆきに乗換1駅「烏丸御池駅」下車
料金
無料
※ミュージアムへの入場料は別途必要です
参照web
https://www.kyotomm.jp/event/exh_kashikoinosekai/




京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ