花魁ともみじの競演:嵐山もみじ祭

天下の名勝と謳われる嵐山 小倉山のもみじの美しさを讃え、辺り一帯を守護する嵐山蔵王権現に感謝する行事。
渡月橋上流の大堰川に浮かべた色とりどりの船上舞台で、嵐山にゆかりの深い多くの史跡や文化・芸能の優雅…

天下の名勝と謳われる嵐山 小倉山のもみじの美しさを讃え、辺り一帯を守護する嵐山蔵王権現に感謝する行事。
渡月橋上流の大堰川に浮かべた色とりどりの船上舞台で、嵐山にゆかりの深い多くの史跡や文化・芸能の優雅な絵巻模様を再現、紹介される。

また、大堰川河畔では・・・・・

DSC_1214


嵐山もみじ祭の日に、嵯峨釈迦堂での夕霧祭の夕霧法要を終えて、 嵐山保勝会の主催する行事での花魁道中が披露される。(14:30頃予定)
太夫の傍の少女は禿(かむろ)という。 禿とは、太夫・花魁の身の回りの雑用をする10歳前後の少女達の事である。

当日は、色づき始めた嵐山、小倉山を背景に、たいそう賑わい、秋の行楽客が訪れる。

 




☆★☆★ 嵐山もみじ祭 ☆★☆★

■開催日時:2019/11/10 (11月第2日曜日)  雨天中止
船上芸能披露は10:30~、13:00~
■開催場所:嵐山渡月橋上流一帯
■お問合せ:075-861-0012 (嵐山保勝会)
■URL        :http://www.arashiyamahoshokai.com/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


火焚祭2019/伏見稲荷大社

京都の11月といえば紅葉狩りに観光客は向かうが、
23日まで市内のあちこちで火が焚かれているのが知られていない。
その中でも一番大きい火だと言われるのが、伏見稲荷のお火焚きである。
8日は、その火焚祭へ出かける。

 
この火焚串(護摩木)が焚かれる。 初穂料1000円…

DSC_0078
京都の11月といえば紅葉狩りに観光客は向かうが、
23日まで市内のあちこちで火が焚かれているのが知られていない。

その中でも一番大きい火だと言われるのが、伏見稲荷のお火焚きである。
8日は、その火焚祭へ出かける。

DSC_9846
DSC_9848DSC_9847

 

この火焚串(護摩木)が焚かれる。 初穂料1000円と200円の二種がある。

 

DSC_9901
斎場には、すでに夥しい数の火焚串が山積みされている。
写真に見えるのは一部である。もう下衆な計算もできない量なのだ。
因みに、その数は20万本以上といわれている。
流石に、商売の神様である。

 

DSC_9872

 

本殿拝所に準備された神田の稲束が立てられ、運ばれた神火が遷される。

 

DSC_9881DSC_9885

 

秋の収穫の後に、五穀の豊饒をはじめ万物を育てたもう稲荷大神のご神恩に感謝する祭典で、
古来より伝統ある行事として広く知られている。

 

DSC_9892DSC_9894
DSC_9899

 

本殿の祭典にひきつづき、神苑斎場へと、宮司を先頭に、神官・巫女・全国崇敬者が進む。

 

DSC_9922
DSC_9929
DSC_9936

 

参列者一同の大祓詞(おおはらえのことば)が斎場に轟く。

 

DSC_9956

 

たかあまはらにかむづまります。
すめらがむつかむろぎかむろみのみこともちてやほよろづのかみたちを。
かむつどへにつどへたまひ。

 

DSC_0062DSC_0061
DSC_9962

 

奉納された火焚串がつぎつぎと投げ込まれ焚きあげられる。

 

DSC_0021

 

営々と大祓詞を奉唱して、罪障消滅、万福招来が祈られる。

 

DSC_0019
DSC_0045

 

平安時代、犯した罪や穢れを祓うため、
祭祀官、中臣氏が朱雀門で一同で奏上していたのも、こんなのだったのだろうか。

 

DSC_0050

 



 11月8日 13:00~

伏見稲荷大社
京都市伏見区深草藪之内町68番地
075-641-7331
http://inari.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


長岡京ガラシャ祭2019

長岡京ガラシャ祭2019

ガラシャウィーク&行列巡行・楽市楽座

 
細川ガラシャにゆかりのある勝龍寺城(勝竜寺城公園)にちなんで平成4年から開催されている祭。
10日には時代衣裳を着て「細川ガラシャ」の輿入れを…

長岡京ガラシャ祭2016

長岡京ガラシャ祭2019

ガラシャウィーク&行列巡行・楽市楽座

01Top_02

 

細川ガラシャにゆかりのある勝龍寺城(勝竜寺城公園)にちなんで平成4年から開催されている祭。
10日には時代衣裳を着て「細川ガラシャ」の輿入れを再現する行列や各種団体や企業による町衆祝い行列など総勢約1,000人が長岡第六小学校から勝竜寺城 公園までの約3kmを練り歩く。
また、行列の出発地点と到着地点の2ヶ所に設けられた特設会場(10時~16時)ではステージショーや模擬店などがあり祭 の雰囲気が高まります。

 

01Top_03

 

行列巡行までの約一週間を『ガラシャウィーク』と呼んでいます。
ガラシャウィーク期間中は、長岡京市内中で様々なイベントを開催しています。
今年度も、みなさんに楽しんでいただけるようイベントを開催します♪
ぜひお立ち寄りください!

ガラシャウィークイベントの詳細

 

 

 

行列の並び

 

 

 

明智光秀の娘「玉」、天正6年旧暦8月、織田信長の命により政略的に
当時乙訓一帯を支配していた戦国大名の細川藤孝の息子、細川忠興のもとに嫁いできました。
彼女が細川家へ嫁いで数年後、父明智光秀が主人、織田信長を倒すという、
日本の歴史上の大事件が起こりました。
それ以後彼女は、丹後の山奥に幽閉されるなど、苦難の生活を送ることになります。
そして彼女はキリスト教に心の平安を求め、 ついに洗礼を受け、
細川ガラシャ夫人と呼ばれるようになりました。
やがて、関が原の戦いで石田三成の人質になるのを拒み、
家臣小笠原少斎の刀をうけて悲劇的な最期を遂げました。

 

 

 



☆★☆★☆ 長岡京ガラシャ祭2019 ☆★☆★☆

■開催日時:2019/11/2~11/10  ガラシャウイーク
行列巡行・楽市楽座 11/10(日) 10:00~16:00
■開催場所:メイン会場…長岡京市立中央公民館市民ひろば・勝竜寺城公園 ※その他各会場でも開催
■お問合せ: (長岡京ガラシャ祭実行委員会事務局)   garasha@titan.ocn.ne.
■URL        :http://nagaokakyo-garasha.jp/
https://www.facebook.com/garashamatsuri/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


北野天満宮 ★「曲水の宴」「白拍子の舞」

 
本年、千百年ぶりに再興される北野天満宮曲水の宴は、和漢朗詠(漢詩と和歌どちらも作る)にて遊ぶ「曲水の宴」で、菅公が宇多天皇の曲水の宴にて作られた漢詩の朗詠と、白拍子舞をご覧いただけます。
男子が漢詩…

6472bc6e6d2ba82535e191970cd9e140

 

本年、千百年ぶりに再興される北野天満宮曲水の宴は、和漢朗詠(漢詩と和歌どちらも作る)にて遊ぶ「曲水の宴」で、菅公が宇多天皇の曲水の宴にて作られた漢詩の朗詠と、白拍子舞をご覧いただけます。
男子が漢詩 女子が和歌です 前儀として 漢詩朗詠にあわせ 白拍子が舞います。

 

 

2e9b5a657f54c835c86ffec26fc25926

 

 b57d8e41874f0e923f5c3589627daba7-1

 

 

 

☆★☆★ 菅公顕彰 北野天満宮 曲水の宴 ☆★☆★

■開催日時:2019/11/3   15:30~16:30    小雨実行・荒天4日順延
■開催場所:北野天満宮 紅梅殿別離の庭
〒602-8386 京都市上京区馬喰町
■観 覧 料:1000円 / 境内無料
※もみじ苑入苑拝観料…大人700円 小人350円(茶菓つき)
■お問合せ:075-461-0005
■URL :http://kitanotenmangu.or.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


城南宮 曲水の宴

 

木漏れ日もやわらかな平安の庭を、ゆるやかに曲がりながら流れる一筋の遣水(やりみず、小川)。色とりどりの狩衣(かりぎぬ)や小袿(こうちき)といった平安時代の貴族の装束に身を包んだ7名の歌人が遣水の傍…

 

木漏れ日もやわらかな平安の庭を、ゆるやかに曲がりながら流れる一筋の遣水(やりみず、小川)。色とりどりの狩衣(かりぎぬ)や小袿(こうちき)といった平安時代の貴族の装束に身を包んだ7名の歌人が遣水の傍らの座に着くと、川上に控えた水干(すいかん)姿の童子が朱塗りの盃にお神酒を注ぎ、羽觴(うしょう、おしどりの姿を象った盃台)の背に載せて流します。琴の音が響く中、歌人はその日の題にちなんで和歌を詠み、短冊にしたため、目の前に流れ来る羽觴を取り上げ、盃のお酒をいただく。

宴の間には静々と白拍子の舞も披露され、風雅な雰囲気を再現している。

 

☆★☆★☆  曲水の宴  ☆★☆★☆

■開催日時:2019/11/3      14:00~
■開催場所: 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
■料   金:無料
■お問合せ:075-623-0846
■U R L:http://www.jonangu.com/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


秋の神泉苑狂言で紅葉狩&龍王市

 
大念仏狂言は、念仏の妙理と勧善懲悪・因果応報の道理をわかりやすく親しまれながら得られるようにと工夫し、身ぶり手まね(ジェスチャー)で説法として始められたのが起源であると伝えられている。無言劇であるの…

 

大念仏狂言は、念仏の妙理と勧善懲悪・因果応報の道理をわかりやすく親しまれながら得られるようにと工夫し、身ぶり手まね(ジェスチャー)で説法として始められたのが起源であると伝えられている。無言劇であるのも、広場で大ぜいの人に声のとどかぬことを考えての上のことと思われる。公演中は鉦、太鼓、笛などの囃子にあわせて演じられる。

 

h26ooeyama

神泉苑大念仏狂言とは
神泉苑狂言は明治36年に三条台若中からの奉仕出演と、神泉苑及び地域の人々の出演及び協力により「神泉苑大念佛狂言講社」が結成された。以来、ほぼ百十年にわたって狂言を執行しており、昭和58年6月1日には京都市の無形民俗文化財に登録された。当講社では、この民俗芸能を保存、継承するため神泉苑狂言として公開し、伝承公開活動に取り組んでいる。

kumogaki2

神泉苑狂言の番組

 

神泉苑狂言の番組

 節 分
せつぶん
 炮烙割
ほうらくわり
 大仏供養
だいぶつくよう
 橋弁慶
はしべんけい
 熊 坂
くまさか
 大江山
おおえやま
 土蜘蛛
つちぐも
 花 折
はなおり
 愛宕詣
あたごまいり
 道成寺
どうじょうじ
 桶 取
おけどり
 賽の河原
さいのかわら
 鵺 ぬえ  花盗人
はなぬすっと
 紅葉狩
もみじがり
 大原女
おはらめ
 餓鬼角力
がきずもう
 玉藻の前
たまものまえ
 船弁慶
ふなべんけい
 蟹 殿
かにどん
 堀川御所
ほりかわごしょ
 山端とろろ
やまばなとろろ
 夜討曽我
ようちそが
 羅生門
らしょうもん
大黒狩
だいこくがり
 酒蔵金蔵
さかぐらかなぐら
 安達が原
あだちがはら
 本能寺
ほんのうじ
 湯 立
ゆたて
 棒 振
ぼうふり

○日程
令和元年(2019)
初 日:11月1日(金)
夜の部 18:30~21:30
第二日:11月2日(土)
昼の部 13:00~17:30
夜の部 18:30~21:30
第三日:11月3日(日)
昼の部 13:00~17:30
夜の部 18:30~21:30

○場所
神泉苑境内東側の狂言観覧席

 banner_ryuouichi 

11/1~3に開かれる神泉苑狂言で、神泉苑龍王市が開かれています。 開催日時
令和元年
11月1日(金)9:00~22:00
11月2日(土)9:00~22:00
11月3日(日)9:00~22:00
 

 

 

 

☆★☆★☆ 神泉苑大念仏狂言 ☆★☆★
■開催日時:2019/11/1~11/3    13:00~17:30  (4,5日)    18:00~21:30(3,4,5日)
■開催場所:神泉苑        京都市中京区御池通神泉苑町東入る門前町166
■料  金:無料
■お問合せ:075-821-1466      shinsenen1200@mbox.kyoto-inet.or.jp
■URL :http://www.shinsenen.org/nittei.html







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


秋の大原女まつり

 
大原女衣装の思い出づくり&大原女ミニ時代行列

大原女は、頭に柴を乗せて京都の街中を売りに歩いた女性で、室町時代は黒の着物に朱色の帯、白無地の手ぬぐい。
江戸時代は刺繍入りの紺地の手ぬぐい、着物も紺色…

12002974_900711629997674_4781917805976172196_n

 

大原女衣装の思い出づくり&大原女ミニ時代行列



DSC_5557_Fotor-300x225


大原女は、頭に柴を乗せて京都の街中を売りに歩いた女性で、室町時代は黒の着物に朱色の帯、白無地の手ぬぐい。
江戸時代は刺繍入りの紺地の手ぬぐい、着物も紺色の手織りの木綿に変わる。
明治時代以降は 絣の着物に赤いたすき、帯もピンクや赤と色鮮やかな装いになる。

すすきがゆれて、コスモスが咲く、秋色の里。大原女姿で、里の秋を満喫してください。

大原女姿で思い出づくり・大原女変身体験 /11/1~11/15 雨天中止
(前日までに要予約 075-744-2148/ 期間中は大原女の着付けが1,000円(通常2,500円)

 

※今年は秋の大原女時代行列はありませんのでご注意ください。

 

※春の時代行列とは逆ルート(勝林院 ⇒ 寂光院)です。お間違いのないようご確認下さい。勝林院、

※今年は秋の大原女時代行列はありませんのでご注意ください。


〒601-1241 京都府京都市左京区大原勝林院町187

寂光院、〒601-1248 京都府京都市左京区大原草生町676

 



みる/食べる/体験する/泊まる/買う/お役立ち
☆★☆★☆ 秋の大原女まつり ☆★☆★☆
■開催期間;2019/11/1~11/15
■開催場所:大原・勝林院~寂光院界隈一帯
■主  催:大原観光保勝会
■お問合せ:075-744-2148 大原観光保勝会(日曜日・祝日を除く10時~14時)
■URL :http://kyoto-ohara-kankouhosyoukai.net/index.html







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


第62回 祇園をどり

(これは昨年のポスター)
花街のをどりで唯一秋に開催される祇園東の芸舞妓による華やかな舞台は京の年中行事として親しまれています。
祇園東歌舞会の芸妓、舞妓が伝統の名にふさわしい円熟した伎芸を披露。京の秋に彩りを添えます。
毎年伝統をうまく調和させた“新企画”…

(これは昨年のポスター)

花街のをどりで唯一秋に開催される祇園東の芸舞妓による華やかな舞台は京の年中行事として親しまれています。
祇園東歌舞会の芸妓、舞妓が伝統の名にふさわしい円熟した伎芸を披露。京の秋に彩りを添えます。
毎年伝統をうまく調和させた“新企画”で構成、華やかで特徴ある舞台は人気を博しています。

 

【公演内容】

 

 

 




☆★☆★☆ 第62回祇園をどり ☆★☆★☆

■開催期間:令和元年年11月1日~10日  午後1時30分開演・4時開演  (2回公演) (約1時間)
■開催場所:祇園会館(京都・祇園石段下)
■料  金:(税込)4,000円 お茶席500円
■お問合せ:075-461-0148 祇園東歌舞会    (075)561-0224  祇園東お茶屋組合
■URL :http://www.gionhigashi.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


鞍馬の火祭 / 由岐神社

 

「時代祭」は平安建都1100年を記念して
百年余り前の明治時代から始められたものである。
その10月22日の夜には「鞍馬の火祭」が執り行われている。
 

 
後者は平安中期、鞍馬寺の鎮守社である「由岐神社」の祭神が御所から鞍馬に移されたときに、鞍馬の村人が戸…

 

131017_DSC_0001

「時代祭」は平安建都1100年を記念して
百年余り前の明治時代から始められたものである。
その10月22日の夜には「鞍馬の火祭」が執り行われている。

 
131017_himaturi04

 
後者は平安中期、鞍馬寺の鎮守社である「由岐神社」の祭神が御所から鞍馬に移されたときに、鞍馬の村人が戸口にがかがり火をたいて迎えた故事にちなみ、鞍馬寺仁王門前の石段下に約200本の松明が並び、炎の乱舞する神事で、京都三大奇祭のひとつとして知られている。

鞍馬は御所大極殿の鬼門封じの北東のライン上に位置し、歴史的にみても京都に根ざした祭りといえる。
前者の観光行事としての京都イメージの祭と、平安京守護や京の地の精神を祭事とする後者の祭の違いが見えてくるはずだ。
同月同日は1日にして二つの顔を持つ京都を見ることができる。

 

 「鞍馬の火祭」は京都三大火祭のひとつでもある。
後の二つは、8月16日の「五山の送り日」、3月15日の「清涼寺のお松明式」だ。

火に関わる祭りには
「吉田火祭」「広河原の松上げ」「花背の松明」「岩倉火祭」などが挙げられる。
共通していることは、
どれもが生活の一部として市民生活のなかに深く溶け込んでいる点だ。

火の扱い方は違えども、いかに信仰の世界と強く結びついているかが伺える。

 

 

131017_kuramanihimatsuri125

以前は「鞍馬の火祭」を終えた深夜3時(10/22・27時・・・現在は23日に近い土曜日)に、岩倉の石座(いわくら)神社の二基の大松明に火が舞い、早朝5時に神輿が担ぎ出され巡行するのだ。朝神事と呼ばれるものである。
観光スペシャルでは勿論、京都通を自称する京都人も案内してくれないものである。

 

131017_kuramanohimatsuri_map

 

 

 「神事にまいらっしゃ~れ~」
「サイレヤー、サイリョウ」

 

 

 

☆★☆ 鞍馬の火祭 ☆★☆

■開催日時:2017/10/22  18:00~24:00
■開催場所:由岐神社
京都市左京区鞍馬本町1073番地
■料   金:見学無料
■お問合せ:075-741-4511
■U R L:http://www.yukijinjya.jp/

 





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

本願寺献菊展 見学自由

 
毎年恒例の「本願寺献菊展」が行われている。
菊の見頃は毎年11月上旬頃となる。
数えてはいないがその鉢の数は約500鉢といわれている。(本願寺HP)
 

 
日章旗が国旗であるように、菊花紋章は国章である。
能…

DSC_4383DSC_4381DSC_4379

 

毎年恒例の「本願寺献菊展」が行われている。
菊の見頃は毎年11月上旬頃となる。
数えてはいないがその鉢の数は約500鉢といわれている。(本願寺HP)

 

DSC_4395DSC_4464

IMG_4591DSC_4422

 

日章旗が国旗であるように、菊花紋章は国章である。

能書きを論じるより、パスポートの表紙を見れば、十六花弁の一重表菊が記されていることより判るはずである。
勿論、日本国は菊花紋章と国際的にもそう認識されている。

京の街を歩けば、菊花紋章をよく見かけられるに違いない。
京都御苑は勿論のこと、神社の神紋は言うに及ばす、仏閣においても菊花紋章が冠されている門跡寺院にお気づきになるだろう。

 

秋の風物詩となっている献菊展で間近に本物の菊をご覧になられてはいかがか。
御影堂と阿弥陀堂前に色とりどりの大輪の菊花は咲き誇り、入賞者の表彰が行われる。

 

入賞者の表彰式は、11月23日 





☆★☆★ 本願寺献菊展 ☆★☆★

■開催日時:2019/10/14~11/23   5:30~17:30 【11月 5:30~17:00】
■開催場所:西本願寺  京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル
■料   金:入場無料
■お問合せ:075-371-5181
■URL    :http://www.hongwanji.or.jp/sanpai/event.html

https://www.hongwanji.kyoto/info/000186.html









メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ