聖護院 積善院準提堂の五大力さんはご存じ?

醍醐寺の五大力さんはよく知られるが、
聖護院門跡の五大力さんというと知らない方が多い。
左京区の聖護院 積善院準提堂においても、
毎年、五大力法要が営まれている。
 

 
市内からの足の便も良く、気軽に参詣できるからお奨めだ。
この塔頭の「五大力尊」とは、
・金…

醍醐寺の五大力さんはよく知られるが、
聖護院門跡の五大力さんというと知らない方が多い。
左京区の聖護院 積善院準提堂においても、
毎年、五大力法要が営まれている。

 

20c21443
bf449305e5c6fbfe

 

市内からの足の便も良く、気軽に参詣できるからお奨めだ。
この塔頭の「五大力尊」とは、
・金剛吼菩薩無畏十力吼菩薩龍王吼菩薩無量力吼菩薩雷電吼菩薩の五尊で、醍醐寺の本尊とは異なる。

 

31dad9c6
9404910c

 

639909d6
午前中に大般若経転読祈願が営まれ、午後からは山伏による柱源(はしらもと)護摩供が行われ、盗難除けお札と交通安全守の授与が行われる。

山伏による柱源護摩供養13時~16時のあと、
境内では粕汁の無料接待が行われるなか
お札焼きが執り行われる。

 

 醍醐寺 といえば→→ コラム/ 京のお札 五大力さん 

 

a0b0a709f1beaa86
0c7f1788

いやいや、聖護院の五大力さんも 必見に値する!

 

☆★☆★ 準提堂 五大力法要 ☆★☆★

■開催日時:2019/2/23   10:30~17:00
大般若経600巻転読祈願10:30~ 柱源護摩供養13時~16時
■開催場所:積善院準提堂
京都市左京区聖護院中町14
■拝 観 料:無料
■お問合せ:075-761-0541

 



「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


北野天満宮の節分祭

 
【祭典】10:00 節分祭 (於本殿)
13:00 北野追儺狂言 (茂山千五郎社中 / 神楽殿)
引き続き 日本舞踊 〈上七軒歌舞会)
引き続き豆まき (上七軒歌舞会)(茂山千五郎社中)()
14時頃終了

 
《節分特別授与…

 

【祭典】10:00 節分祭 (於本殿)

13:00 北野追儺狂言 (茂山千五郎社中 / 神楽殿)
引き続き 日本舞踊 〈上七軒歌舞会)
引き続き豆まき (上七軒歌舞会)(茂山千五郎社中)()
14時頃終了

 

《節分特別授与品》
初穂料 災難除の御札 1体 350円 ・災難除の御守 1体 350円 ・ 銀幣(御札と御守と御幣のセット)1体900円
福豆 1袋 200円 図柄三種類 当たりつき

 

「鬼やらい」において追われた鬼が逃げこむ場所は、「乾の隅」西北の隅であり、ここは昔から神様や尊い貴人の場所であると共に、悪鬼の住みやすい魔所ともされ、現代でも常に不浄を避け、手厚くお祀りをせねばならない大切な場所とされている。
北野天満宮は、天暦元年(947)、京都の「乾の隅」の守神として、皇城鎮護の願いをこめて建立され以来、災難除・厄除の社として、朝廷をはじめ都に住む人々の篤い信仰を集めてきました。

そして今なお京都では節分の日に「四方詣り(しほうまいり)」と称して節分ゆかりの四社寺を参詣する習慣が続いており、その四方詣りの最後を担う最も重要なお社として信仰されています。

 

a63943f8 

 

北野天満宮
〒602-8386 京都府京都市 上京区馬喰町
075-461-0005

http://kitanotenmangu.or.jp/info/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「鬼やろー!」と平安神宮の節分会

平安神宮
京都市左京区岡崎西天王町
075-761-0221
http://www.heianjingu.or.jp/
 
 
概要/
2月3日
「奉納狂言」 午前11時半~午後2時ごろ (儀式殿) 大蔵流 茂山社中が奉仕して奉納されます。
「節 分 祭」…

DSC_3634

DSC_3639
平安神宮

京都市左京区岡崎西天王町
075-761-0221

http://www.heianjingu.or.jp/

 

 

概要/
2月3日
「奉納狂言」 午前11時半~午後2時ごろ (儀式殿) 大蔵流 茂山社中が奉仕して奉納されます。

「節 分 祭」 午前 9時半斎行 (本 殿) 古来節分に年があらたまると考えられており、迎える春の平安をご神前に祈念いたします。

「大儺之儀」 午後2時 (大極殿下斎場) 平安時代、宮中で行われていた年中行事「追儺式」を再現した儀式です。

 「豆撒き行事」 午後3時 鬼の舞 (境内一円)  大儺之儀で追い祓われたはずの邪鬼たちが再び応天門から侵入してきます。  境内をわがもの顔で暴れまわりますが、最後には市民の代表に打豆にあって追い祓われます。  茂山千之丞師が構成演出を担当し、茂山社中の扮する鬼たちの舞は圧巻です。

DSC_3591DSC_3593

平安貴族や童(わらわ)、陰陽師、四つ目の面をつけた大舎人(おおとねり)が登場する。

DSC_3604DSC_3603

弓で矢を放ったり、桃の杖で四方を打ったりと。

DSC_3615DSC_3613

DSC_3621

大儺之儀(だいなのぎ)は、平安朝当時の「追儺式」が式次第、作法、祭具、衣裳にいたるまで綿密に再現されている。(平安神宮での行事は昭和49年に復元)

「鬼やろー!」って、皆で叫びます。

 

 oni290df95aa8ds8e96060s

「大火焚神事」 豆捲き行事に引き続き(龍尾檀下斎場)

市民を始め全国の崇敬者から祈願を込めて寄せられた「火焚串」約4万本を浄火で焚き上げ、厄を祓います。






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

護王神社の節分大祭

 
厄除け・災難除けのお祭りとして賑やかに斎行される節分祭。
本殿での祭典の後、鬼やらいや四方奉射の儀式が行われ、
最後は有名人も参加しての豆撒式(まめまきしき)が行われます。
 

14:00 落語奉納 / 歌唱…

251846_198446370301347_109462521_n

 
厄除け・災難除けのお祭りとして賑やかに斎行される節分祭。
本殿での祭典の後、鬼やらいや四方奉射の儀式が行われ、
最後は有名人も参加しての豆撒式(まめまきしき)が行われます。

 

e179238a12573010_787516658060979_4297768803901295170_n

14:00 落語奉納 / 歌唱奉納 / 節分祭・還暦祝寿
15:00 鬼やらい / 鳴弦弓神事 / 四方奉射の儀 / 福豆福餅撒き

 

 
jinjyamap☆★☆ 節分大祭 ☆★☆
■開催日時:2019/2/3   14:30~
■開催場所:護王神社
〒602-8011  京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385(京都御所蛤御門前)
■お問合せ: 075-411-5458(護王神社)
■URL        :http://www.gooujinja.or.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

石見神楽の鬼が来る★松尾大社節分祭

 
松尾大社の節分祭は、午後1時半から御本殿において『節分祭』の祭事が執り行われた後、宮司による豆撒きで疫鬼を払いながら本殿中門より拝殿に移動し『追難行事』が毎年、石見神楽を招いての儀式が執り行われます…

 

松尾大社の節分祭は、午後1時半から御本殿において『節分祭』の祭事が執り行われた後、宮司による豆撒きで疫鬼を払いながら本殿中門より拝殿に移動し『追難行事』が毎年、石見神楽を招いての儀式が執り行われます。素戔嗚尊(スサノヲノミコト)の八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治する場面は圧巻です。


続いて、拝殿では宮司が弓を構え弦を3回引き、「松尾の神に祈らむ梓弓 弦の音きけば悪魔退く」と、和歌を唱えて疫鬼の退散を念ずる『鳴弦破魔弓神事』が執り行われます。


『鳴弦破魔弓神事』・『四方奉射神事』に引き続き、第一回目の福男・福女による『福豆まき』は午後2時頃(予定)から、また午後3時半頃(予定)からは、再び同じ場所にて第2回目の『鳴弦破魔弓神事』・『四方奉射神事』のあと、福男・福女による『福豆まき』が行われます。

 

image2

 

 ☆★☆★☆ 松尾大社節分祭 ☆★☆★☆

2019年2月3日 13:00~
石見神楽:10時~12時頃、大祭・鬼の舞:13時半~、鳴弦破魔弓神事・豆まき:14時頃~
松尾大社
松尾大社 京都市西京区嵐山宮町3
075-871-5016





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



修二会と節分会(星祭)/清水寺

修二会(しゅにえ)とは、この世のさまざまな過ちをご本尊の観音さまに懺悔し、その報いを許していただけるよう祈願する法会。1日から3日の間、毎日16時から本堂内々陣にて読経されます。

また、2月3日は節分会でも…

feeac275

修二会(しゅにえ)とは、この世のさまざまな過ちをご本尊の観音さまに懺悔し、その報いを許していただけるよう祈願する法会。1日から3日の間、毎日16時から本堂内々陣にて読経されます。

ofuda-hoshimaturi

また、2月3日は節分会でもあり、古くから伝わる星祭の秘法に則った災難除けと、招福の護摩加持祈祷が、成就院内の護摩堂にて行われ、祈祷済みのお札の授与がなされます。

ご希望の方は、1月25日までに清水寺寺務所(075-551-1234)へ電話にてお申し込みください。
お名前等を記入いただく用紙をお送りいたします。壇料:御守護札1000円、着帯御守護札1500円。
2月3日に清水寺にてお渡しのほか、発送も受けたまわります(送料は壇料に含んでおります)。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。

584100ac 





☆★☆★  修二会と節分会(星祭) ☆★☆★

■開催日時:2019/2/1~2/3 16:00~
■開催場所:清水寺
京都市東山区清水1-294
■拝 観 料:大人300円 中学生以下200円
■お問合せ:075-551-1234
■U R L :http://www.kiyomizudera.or.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


小豆粥で初春を祝う!

平安時代から続く小正月の習わしである「小豆粥」。
神社、禅寺や市内の旧家では今も受け継がれて、1月15日の小正月に食する。
1月7日人日の節句に頂く「七草粥」に次ぐ、正月に頂く御粥さん(おかいさん)である。京…

114d7bea-s
平安時代から続く小正月の習わしである「小豆粥」。
神社、禅寺や市内の旧家では今も受け継がれて、1月15日の小正月に食する。
1月7日人日の節句に頂く「七草粥」に次ぐ、正月に頂く御粥さん(おかいさん)である。京の白粥、大和の茶粥というが、小豆粥はその色から桜粥ともいう。
小豆粥の赤が邪気を祓うと考えられていたのである。
fc61d02d
1月15日、上賀茂神社では「御粥神事」が執り行われ、
下鴨神社の「御粥祭」は紅白に並ぶ小豆粥・大豆粥が備えられ、
貴船神社では「御粥祭」、北野さんも小豆粥が神饌となっている。
e126353e126462

妙心寺東林院(JR嵯峨野線花園駅)では法要「小豆粥散飯式」が行われ、
自由に参列もでき、予約なしに精進料理「小豆粥」がいただける。

 

小豆粥で初春を祝う会 (あずきがゆではつはるをいわうかい)

■開催期間 2019/1/15~1/31  11:00~15:00
■開催場所: 妙心寺塔頭・東林院
〒616 – 8035   京都市右京区花園妙心寺町59
■参加料金: 1/15日10:00~ 小豆粥散飯式法要 参拝自由
(梅湯茶礼、小豆粥と精進料理、大般若札、お年玉 / 3800円 )
■お問合せ:東林院  075-463-1334






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



厄除大祭・焼納神事 石清水八幡宮

古くは「法会」と呼ばれ、正月三ヶ日さながらに多くの参拝者で賑わいます。
期間中の厄除開運祈願の方には、5日間限定の「厄除大祭札」が授与される。
青山祭/  1月18日  17時

明治以前は道饗祭(みちあえのまつり)…

ph02ph03

古くは「法会」と呼ばれ、正月三ヶ日さながらに多くの参拝者で賑わいます。
期間中の厄除開運祈願の方には、5日間限定の「厄除大祭札」が授与される。

青山祭/  1月18日  17時

0118
明治以前は道饗祭(みちあえのまつり)または疫神祭(えきじんさい)ともいわれ、男山山麓の頓宮殿の前庭に青柴垣で囲いを作り祭場を設け、日没とともに道を司る神々を迎え、かがり火の灯りがゆらめくなか、国家安泰・厄除開運の祈願祭が斎行されていました。

焼納神事/ 1月19日 10時

0119

期間最終日の19日には焼納神事が斎行され、前年の古いおふだ・お守りが焚き上げられます。そしてその大きく立ち昇った炎にて清められた特製の「厄除開運餅」が先着1,500名に方に振る舞われ、毎年長蛇の列とともに境内が賑わいます。

 



☆★☆★ 厄除大祭・青山祭・焼納神事 ☆★☆★

■開催日時:2019/1/15~1/19
■開催場所:石清水八幡宮
〒614-8005 八幡市八幡高坊30
■料  金:境内自由
■お問合せ:075-981-3001
■URL :http://www.iwashimizu.or.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



小正月の火祭り どんど焼き

長さ5メートルほどの竹を3本束ねてぐるっとしめ縄を巻き、去年の縁起物や絵馬お守り、門松や書き初めなどを集めて焚き上げ、その年の恵方へ倒します。その火で炙-った餅を食べると無病息災のご利益があるとされていま…

imakumano_sagityo1

長さ5メートルほどの竹を3本束ねてぐるっとしめ縄を巻き、去年の縁起物や絵馬お守り、門松や書き初めなどを集めて焚き上げ、その年の恵方へ倒します。その火で炙-った餅を食べると無病息災のご利益があるとされています。

新熊野神社は、熊野信仰の盛んな平安時代末期永暦元年(1160年)、後白河法皇によって創建された神社です。後白河天皇は院政を敷かれ「法住寺殿」を院御所とされ、その鎮守社として新熊野神社を、鎮守寺として三十三間堂が創建されました。その造営に当たったのは法皇の命を受けた平清盛・重盛父子でした。

0a8d08e8-s

左義長のおこりは、平安時代に清涼殿の東庭で青竹を束ねて立てて、毬杖(ぎちょう)三個を結び付け、さらに扇子や短冊などをも結び、陰陽師が謡い囃しながらこれを焼く「左義長」という行事に由来しています。

 

毬杖とはお正月の鞠遊びに使う鞠(まり)のことです。あがる炎で書初が高く舞い上がると書が上手になるそうです。

 

☆★☆★ 左義長神事 ☆★☆★

■開催日時:2019年1月 15日 11:00~12:00頃
■開催場所:新熊野神社
京都市東山区今熊野椥ノ森町42
■お問合せ :新熊野神社  075-561-4892
■ URL : http://imakumanojinja.or.jp/index.html





京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



出世えびす祭でえびす御神像の公開/ 粟田神社

三条粟田口の粟田神社は大国主命や素戔嗚尊を主祭神としているが、
本殿の左隣に「恵美須社」があり、この「恵美須社」が”出世えびす”と呼ばれている。

社伝によると、祀られている「えびす御神像」は室町時代の作らしく、
その神像は蹴上の夷谷から、水害の際に三条白川…

三条粟田口の粟田神社は大国主命や素戔嗚尊を主祭神としているが、
本殿の左隣に「恵美須社」があり、この「恵美須社」が”出世えびす”と呼ばれている。

社伝によると、祀られている「えびす御神像」は室町時代の作らしく、
その神像は蹴上の夷谷から、水害の際に三条白川の金蔵寺に流れ着き、
さらに粟田神社にやってきたと伝えられる。

蹴上夷谷に鎮座していた頃、
鞍馬の遮那王(牛若丸)が、金売吉次らの一行に紛れて奥州へと向かう途中、
このえびす御神像にお参りをし、
後に源義経として大出世を果たしたことから、
「出世えびす」と呼ばれるようになったと。

その神像が一般に公開されています。
是非おでかけください。

10

出世えびす祭
1月9日~11日 午前10時~午後5時
甘酒(先着1000人無料接待)
福笹・縁起物の授与(「七福笹 千円、3千円」「小槌の根付 300円」)

 

 

粟田神社
京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1
075-551-3154
http://www.awatajinja.jp/






京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ