桔梗を愛でる特別拝観 天得院

桃山時代の枯山水庭園に桔梗の花が咲きそろう初夏、
豊臣家ゆかりの寺として知られる天得院は年二回特別公開される。
 

 
東西にのびた長方形の地割に配された石組みを、青々と瑞々しい杉苔が一面を覆っている。

tentokuinn

桃山時代の枯山水庭園に桔梗の花が咲きそろう初夏、
豊臣家ゆかりの寺として知られる天得院は年二回特別公開される。

 
tentokuin_kikyoKokai20131

 
東西にのびた長方形の地割に配された石組みを、青々と瑞々しい杉苔が一面を覆っている。

苔のじゅうたんのあちこちには、紫や白の桔梗が鮮やかに花開くこと約300本。

縁に敷かれた毛氈に腰を下ろし、お点前を頂きながら庭を臨めば自然と心が和みます。

期間中は寺宝の特別展も同時開催。大杉 真司・加藤 丈尋作品展

 

抹茶と桔梗のお菓子 800円
抹茶と桔梗のお菓子 800円

 
お庭を眺めながら昼食(精進料理・要予約)もお楽しみいただけます。
*精進料理  5400円(税込)~(11時~15時 要予約)
ご予約先:ハトヤ瑞鳳閣 電話 075-361-1231(9時~18時)

*書院での甘味(午前11時30分~午後4時)
冷たいお善哉 800円(税込)、柚子茶 800円(税込)

 

 

 ☆★☆★ 桔梗を愛でる特別拝観 天得院  ☆★☆★

■開催日時:2019/6/25~7/10    10:00~16:30
■開催場所: 東福寺塔頭 天得院 京都市東山区本町15-802
■入場料 :大人500円 中高生300円 小学生以下無料
■お問合せ:075-561-5239
■URL :http://www.tentokuin.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


6.10 田植祭 / 伏見稲荷大社

ご神前に日々供饌されるご料米の稲苗を神田へ植えるお祭で、本殿祭の後祭場は神田に移され、王朝をしのばせる典雅な「御田舞」が奏される中を“早乙女”らによって田植がすすめられる。

伏見稲荷大社は商売の神様と…

110531_77ad7382

ご神前に日々供饌されるご料米の稲苗を神田へ植えるお祭で、本殿祭の後祭場は神田に移され、王朝をしのばせる典雅な「御田舞」が奏される中を“早乙女”らによって田植がすすめられる。

110531_a28c31c7110531_84201a4br-16835b503

伏見稲荷大社は商売の神様と名高いが、実は五穀豊穣を祈る五柱が祀られていて、「稲荷五社大明神」といわれている。

お田植え祭は五穀豊穣を祈る神事で、神社内もしくは近隣の水田で、早乙女姿に扮した娘さんたちが実際に田植えを行ったり、田植えを模した踊りを披露する祭りである。

つまり、今日の主役は早乙女ということになる。
田植の日に苗を田に植える女性のことを早乙女と呼び、ハレの役であり、神に奉仕する神役でもある。
当日はハレ着を着用しての田植えである。田植衣装のこうした華々しさは、田植が重要なハレの行事であったことを物語っている。

 

 

 

神と人と稲と暦が一体となる瑞穂の国よ、がんばれ
お田植祭・伏見稲荷大社 by 五所光一郎

 

お田舞歌
1、
やましろや稲荷の神の御田祭り
いざもろともに往きて舞はばや

2、
八束穂の稲荷の御田におり立ちて
まひつかなでつ植うるさおとめ

3、
稲荷山かげをひたせる斎田(いわいだ)に
八束(やつか)垂穂(たりほ)のあきの色みゆ。

 

 



☆★☆★ 伏見稲荷大社 田植祭  ☆★☆★

■開催日時:2019/6/10   13:00~
■開催場所:伏見稲荷大社 京都市伏見区深草藪之内町68
■入場料 :観覧無料
■お問合せ:075-641-7331
■URL :http://inari.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



祇園・白川巽橋で祇園放生会(ほうじょうえ)

元来、殺生を戒め、魚や鳥を放つ仏教儀式。
現在では、日頃の食卓に並ぶ生き物に感謝の気持ちを捧げる意を込めて行われる祇園放生会。
すっかりと、都の初夏の風物詩となりました。
巽橋は黒山の人盛りで近づくことが…

元来、殺生を戒め、魚や鳥を放つ仏教儀式。
現在では、日頃の食卓に並ぶ生き物に感謝の気持ちを捧げる意を込めて行われる祇園放生会。
すっかりと、都の初夏の風物詩となりました。

巽橋は黒山の人盛りで近づくことができないくらいの盛況さとなります。

(行事の様子をご覧ください AkihiroOhashiーYOUTUBE)

天台宗の僧侶らと舞妓さんらの手で、

法要のあと、南無阿弥陀仏の読経のなか木おけに入った約2000匹の稚魚が、

巽橋の上から白川に放流されます。

加持・奉納演奏…11:00~13:00 放流…12:20頃

 

 


☆★☆★☆ 祇園放生会 ☆★☆★☆

■開催日時:2019/6/2    (第一日曜日)     11:00~13:00頃
■開催場所:祇園・白川巽橋、辰巳大明神前
■観覧料金:無料 香煎茶の無料接待 お加持あり
■お問合せ:祇園放生会実行委員会(赤山禅院内)075-701-5181





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


業平忌(なりひらき)/ 十輪寺

「なりひら寺」で「業平忌(なりひらき)」
平安時代の歌人在原業平が晩年を過ごした
十輪寺(じゅうりんじ)にて、
業平の命日にちなみ、三弦による法要が執り行われます。

聲明舞をはじめ、一弦琴、小唄、生け花等の奉納も行われます。

六歌仙の一人で、
「伊勢物語」の…

「なりひら寺」で「業平忌(なりひらき)」

平安時代の歌人在原業平が晩年を過ごした
十輪寺(じゅうりんじ)にて、
業平の命日にちなみ、三弦による法要が執り行われます。

772px-Ariwara_no_Narihira

聲明舞をはじめ、一弦琴、小唄、生け花等の奉納も行われます。

d6c89a12b1cae2c7cbce0a57ea796af05c198980.54.2.9.2

六歌仙の一人で、
伊勢物語」の主人公といわれる在原業平晩年の隠棲地の故に、
十輪寺は通称「なりひら寺」と呼ばれます。

031633e5

本堂の裏山には、
当時の貴族の風流な野遊びのひとつ、
塩竃の跡が残ります。

s-IMG_0002

業平卿のカキツバタの和歌
からころも きつつなれにし つましあれば はるばる 来ぬる たびをしぞ思う

 




☆★☆★☆ 業平忌(なりひらき) ☆★☆★☆

■開催日時:2019/5/28  12:00~14:00
■開催場所:十輪寺 京都市西京区大原野小塩町481
■拝観料金: 1000円
■お問合せ:075-331-0154
■URL : http://narihiratera.seesaa.net/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

松尾大社還幸祭

還幸祭には、三御旅所に駐輦されていた神輿と月読社の唐櫃とが、西寺跡の「旭の杜」に集合し、ここで古例による西の庄の粽の御供、赤飯座(あかいざ)の特殊神饌をお供えして祭典をした後、列を整えて 途中朱雀御旅所…

sinkou-sai


還幸祭には、三御旅所に駐輦されていた神輿と月読社の唐櫃とが、西寺跡の「旭の杜」に集合し、ここで古例による西の庄の粽の御供、赤飯座(あかいざ)の特殊神饌をお供えして祭典をした後、列を整えて 途中朱雀御旅所に立ち寄り、ここでも祭典、次いで七条通りを西に進み、西京極、川勝寺、郡、梅津の旧街道を経て、松尾大橋を渡り、本社に還御されます。

 
Desktop1

この還幸祭は神輿渡御祭の中心で、今でも氏子中で「おまつり」と言えば、この祭を意味します。本社でも本殿、楼門、社殿、各御旅所の本殿、神輿から供奉神職の冠・烏帽子に至るまで、葵と桂で飾るので、古くから「葵祭」とも言われてきました。

 

d47c46bdbab6334e

 

コラムをご覧ください→松尾の葵祭

 

 

 

19b0cc4f39a1cff7

 




☆★☆★  松尾大社還幸祭  ☆★☆★

■開催日時:2019/5/12
■開催場所:松尾大社
京都府京都市西京区嵐山宮町3
■お問合せ:075-871-5016
■URL       : http://www.matsunoo.or.jp/event/event04/







もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



下御霊神社 還幸祭

日本で最大級の神輿と伝える「大宮神輿」が下御霊神社にはある。
その金細工の技は、他の洛中の神輿は及ばないだろうと聞く。
 

 
寺町通丸太町を下れば、そのお神輿が舞殿に座っている。
310年前(宝永六年)東山天皇、霊元上皇の御寄付による神輿を本体として修復を重…

日本で最大級の神輿と伝える「大宮神輿」が下御霊神社にはある。
その金細工の技は、他の洛中の神輿は及ばないだろうと聞く。

 

55bd229a123ec693

fb7278a5

 

寺町通丸太町を下れば、そのお神輿が舞殿に座っている。

310年前(宝永六年)東山天皇、霊元上皇の御寄付による神輿を本体として修復を重ねた京都金工の粋を集めた名作、台輪(土台)が五尺六寸(170cm)あり
全国でも最大級の「大宮神輿」を約七十年ぶりに巡幸に復活させます。
※19日還幸祭は、例年通り若宮神輿の巡幸となります。

 

8451e411951dd463

京都三大名水といわれるものの蔭になって、
下御霊神社の名水を知る人は氏子域の人や、
京割烹の板前さんに限られているが、
ここには「名」とつくに相応しいお宝が随分とある。

fe6116c2c40573f4

崇道天皇・吉備聖霊・伊予親王・藤原大夫人・藤原大夫・橘大夫・文大夫・火雷天神など、

おおよそ、いずれも政争に巻き込まれて憤死した人々で、
その怨霊を慰めるために創建された府社は、
貞観5年(863年)5月20日、
平安京の神泉苑で御霊会が催された折に、創祀された。
古来より京都御所の産土神として崇敬されているところからも、
そのお宝の歴史的価値は高いだろう。

 

dd27533d

 

歴史はさておき・・・・・・・・・
下御霊さんの舞殿を出御した神輿は、
大路の交差点などで「差し上げ」され「まわされる」。

午前10時に神社を出て氏子区域の東を廻り、

河原町丸太町の交差点に入るのが、正午頃である。一旦神社に帰着。
  午後2時から西を廻り5時に帰着する予定。
( 鳳輦出発・神輿出発 10:00予定 )

 

a601ec3e

 

神輿が丸太町通を東へ交差点を目指している。四方の信号が一斉に赤に変わる。
先導する若宮神輿の提灯が河原町丸太町の北側に立てられた。
神輿と與丁は交差点へなだれ込むように入る。

 

e3722da1
aaa413e5
f6b5f17b

 

「させぇー」 「まわせぇー」

 

bea25228ec0cb4fb

夕刻6時半頃 八所神霊を乗せた神輿が氏子町を渡御し、
下御霊神社へおかえりになってくる。

 

2ea5010a
5月1日 神幸祭 5月19日 還幸祭
( 20日に最も近い日曜日に神輿渡御 )
R31/5/19 還幸祭  宵宮 5/18
令和元年度 鳳輦列神輿列 巡幸図
 

 

 

 

 

☆★☆★下御霊神社 還幸祭  ☆★☆★
■開催日時:2019/5/1~5/19     10:00~ 17:00頃  宵宮19日
■開催場所:下御霊神社
〒604-0095 京都市中京区寺町通丸太町下る下御霊前町
■お問合せ:075-231-3530
■URL  :http://shimogoryo.main.jp/







もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

賀茂競馬は5日である。淀競馬ではない。

賀茂競馬と書いて、「かもくらべうま」と読む。
 
コラムをご覧ください→凶作を祓う賀茂競馬こそが葵祭のルーツである
 
午前中は下鴨神社では「歩射神事」が執り行われ、
上賀茂神社では「賀茂競馬」となる。
 

それぞれが葵祭の前儀となる神事である。

「飢餓疫病を…

賀茂競馬と書いて、「かもくらべうま」と読む。

 

 

午前中は下鴨神社では「歩射神事」が執り行われ、
上賀茂神社では「賀茂競馬」となる。

 

DSC_0001DSC_0009DSC_0042_edited

それぞれが葵祭の前儀となる神事である。

DSC_0244_edited

DSC_0276_editedDSC_0298_edited

「飢餓疫病をもたらした風水害による凶作を祓うため、
馬に鈴を懸け、人は猪頭(いのがしら)をかむり駆馳(くち)して盛大に祭りを行わせた」との事が、
賀茂祭の起こりであると『賀茂縁起』に記されている。

賀茂祭が葵祭と呼ばれるようになったのは、江戸期元禄七年(1694)に復興された時である。

DSC_0310_editedDSC_0289_edited

寛治7(1073)年堀河天皇が宮中武徳殿の式を移し、上賀茂神社に奉納した古い行事である。
この日は午前中の菖蒲根合わせの儀に始まり、午後1時より乗尻(騎手)が安全と必勝を祈る乗尻奉幣の儀等が行われたのち10頭程の馬が左・右番(つがい)になって、速さ、作法などを競う。

kamokeiba-3

上賀茂、下鴨、両神社に継承される賀茂祭(葵祭)の「賀茂競馬足汰式(かもくらべうまあしぞろえしき)」、「流鏑馬神事(やぶさめしんじ)」、「歩射神事」、「賀茂競馬神事」は、いずれもゴールデンウィークに執り行われている。

 

http://aoi.kyotocf.com/

 

 

上賀茂神社
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339 賀茂別雷神社社務所
Tel:075-781-0011 Fax:075-702-6618
http://www.kamigamojinja.jp/

 

 






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



大田の沢★天然記念物の杜若

葵祭の前儀が始まりだすと、近くの大田神社が気になりだしますが、
早々と大田の沢の杜若が・・・

上賀茂神社境外摂社「大田神社」の杜若は、平安時代より美しい色を見せており、国の天然記念物に指定されています。

その大田の沢では、例年、上賀茂神社敬神婦人会の「や…

7a478c40-s

葵祭の前儀が始まりだすと、近くの大田神社が気になりだしますが、
早々と大田の沢の杜若が・・・

bbea783d

上賀茂神社境外摂社「大田神社」の杜若は、平安時代より美しい色を見せており、国の天然記念物に指定されています。

5801a883-s76ddcb40

その大田の沢では、例年、上賀茂神社敬神婦人会の「やきもちと湯茶」の接待奉仕があります。10時頃~15時頃まで。

かきつばた拝観時間は9時頃~15時頃迄です(目安)。
大田神社へは上賀茂神社から公道を東へ徒歩約10分。
(東へ行って最初の信号のある交差点が大田神社前交差点です。)

12514452


広さ約2000平方米の「大田の沢」に杜若の群生が広がる。
このあたり一帯は古代沼地であった名残です。
深泥池なども同様に、古代は京都盆地が湖であった証といわれています。

 

神山や 大田の沢のかきつばた ふかきたのみは色にみゆらむ
藤原俊成

杜若の群生を前に佇むと、この歌の織り成す心の綾がじんわりと伝わってきますよ。

 

大田神社
京都市北区上賀茂本山340

<問合せ先>
賀茂別雷神社 社務所
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339
TEL:075-781-0011(代)
FAX:075-702-6618








「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


葵祭・賀茂競馬・足汰式

「賀茂競馬」と書いて・・・「かもくらべうま」、
「足汰式」と書いて・・・「あしぞろえしき」と呼び習わされている。
恒例の葵祭の皐月を迎えた1日は、葵祭 前儀「賀茂競馬」の「足汰式」がある。
 

足汰式の神事は、5月5日に行われる賀茂競馬(かもくらべうま)の予…

「賀茂競馬」と書いて・・・「かもくらべうま」、
「足汰式」と書いて・・・「あしぞろえしき」と呼び習わされている。
恒例の葵祭の皐月を迎えた1日は、葵祭 前儀「賀茂競馬」の「足汰式」がある。

 IMG_4998IMG_4981838339b1

IMG_4982

足汰式の神事は、5月5日に行われる賀茂競馬(かもくらべうま)の予行演習で、

fe175fde

 

5日の競馬に出場する馬足の優劣を見定め、5日の取り組みなどが決められる。

 

DSC_6212DSC_6214

DSC_6208DSC_6207

ae1cce20

 

馬場には、競馬のための桜と楓が植わっている。
「馬だしの桜」「鞭打ちの桜」「勝負の楓」
残念なことに「馬だしの桜」は、折れてしまい、今は若木が植栽されている。
大きく枝を伸ばし、山桜の花を開かせるのは何年先だろう。

 

fc35756a

 

葵祭というと斎王代の雅やかな行列にスポットが当たるが、
神事では勇壮な競馬が主で、
葵祭の行列に並ぶ先頭集団は乗尻などその役にあたっているものたちである。

ご覧になられたことのない方は、5/5の賀茂競馬を観覧されると、
葵祭の見方が変わることだろう。

 

コラムをご覧ください→
葵祭 といえば→→ コラム/ 葵祭 雅と勇壮 
葵祭 といえば→→ コラム/ 皐月の葵祭 前儀 流鏑馬 
葵祭 といえば→→ コラム/ 葵祭の前儀 賀茂競馬会 

 

 

上賀茂神社

〒603-8047
京都市北区上賀茂本山339
075-781-0011 (賀茂別雷神社社務所)
http://www.kamigamojinja.jp/






「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



吉祥院六斎念仏踊 / 春季大祭

25日は 念仏踊りが見られる。
踊念仏は、平安時代中期の僧空也によって始められた、
托鉢に用いる鉢を叩いて、洛中の街々で「南無阿弥陀仏」を唱えて廻わり、

人々の不安を取り除いたのが六斎の始まりだと言われて…

6d3c4b7f

25日は 念仏踊りが見られる。
踊念仏は、平安時代中期の僧空也によって始められた、
托鉢に用いる鉢を叩いて、洛中の街々で「南無阿弥陀仏」を唱えて廻わり、
人々の不安を取り除いたのが六斎の始まりだと言われている。

 

DSC_0047-3

 

春と夏の年2回奉納される伝統行事で、
かつては京都における芸能として盛大に催された。
獅子舞や祇園囃子などが太鼓、鉦などで演奏される境内は、実に賑わしい。

 

DSC_0002

 

吉祥院の境内には多数の露店も出て、若者や家族連れも多い。

 

夜遅くまで賑わう風情を是非味わって貰いたい。
map

 

 



春季大祭
(菅原町子供神輿、六斎奉納)
■開催日時:2019年4月25日   20:00~21:15
■開催場所:吉祥院天満宮内
京都市南区吉祥院政所町3(西大路十条西入北)
■料 金: 無料
■お問合せ:075-691-5303
地図





「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ