星のや京都、ご褒美ひとり旅24

京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、 星のや京都で過ごす「ご褒美ひとり旅24」を2019年4月8日に販売開始。
旅をテーマにした書籍が部屋に用意されている他、部屋で楽しむ季節の夕食とペアリ…

京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、 星のや京都で過ごす「ご褒美ひとり旅24」を2019年4月8日に販売開始。
旅をテーマにした書籍が部屋に用意されている他、部屋で楽しむ季節の夕食とペアリングドリンクなど、1人だけの時間を気兼ねなく過ごせるプランです。また、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトが含まれるため、最長24時間の滞在が可能です。

ひとりの時間をたっぷりと!
アーリーチェックイン・レイトチェックアウトで星のや京都を最大限に楽しむ

通常、チェックインは15時、チェックアウトは12時ですが、本プランでは14時からのアーリーチェックイン、14時までのレイトチェックアウトが可能です。そのため、最長で24時間ゆっくりと滞在できます。

「ご褒美ひとり旅24」滞在スケジュール
14時、一足早くチェックイン
独り占めの送迎舟で喧騒からリトリート

星のや京都は、京都・嵐山の「渡月橋」から約10分、舟で「大堰川(おおいがわ)」をさかのぼった奥嵐山に位置しています。14時からのアーリーチェックインの場合、貸し切りの舟に乗って、奥嵐山の景色を独り占めしながら、滞在を始めることができます。

15時、部屋で一息
星のや京都オリジナルスイーツ

星のや京都オリジナルスイーツを部屋に用意します。スイーツは、1803年創業の老舗和菓子店「亀屋良長」が、伝統を守りながらも洋菓子の要素を取り入れ、星のや京都の庭や風景をイメージして作ったものです。また、お菓子に合わせてスパークリングワインやノンアルコールのカクテルを提供します。

16時、専用ライブラリーで新たな本と出会う
小鳥のさえずりを聞きながら浸る読書体験

部屋に「旅」をテーマにした約20冊の書籍を用意し、旅先での新たな本との出会いを提供します。書籍は、京都の書店「恵文社」が選書したものです。恵文社は、2010年にイギリスのガーディアン紙で「世界一美しい本屋10」に選ばれています。部屋には、窓に面してソファがあり、読書の合間に川の流れや山の木々を眺めたり、小鳥のさえずりに耳をすませたりすることができます。

19時、部屋で味わう
季節の日本料理とペアリングドリンク


本プランでは、他の宿泊客を気にすることなく、部屋でゆっくりと季節の日本料理を味わうことができます。星のや京都の総料理長が手がける会席料理を、松花堂弁当の仕立てで提供します。さらに料理に合わせて星のや京都のソムリエが選んだワインや日本酒のペアリングドリンクを用意します。お酒が苦手な方には、宇治茶を専門に扱う京都・宇治の茶舗「利招園茶舗」が監修した食事に合わせた日本茶のセットも用意しています。

22時、ひとりBARデビュー
「Salon & Bar 蔵」でお酒を楽しむ

本プランには、蔵をリノベーションしたSalon & Bar 蔵で楽しむ、季節のオリジナルカクテル1杯が含まれています。読書の合間に、ひとりでゆっくり物思いにふけたり、スタッフとの会話を楽しんだりと、思い思いの時間を過ごせます。

営業時間:21:00~23:30

10時、朝寝坊でも大丈夫
部屋で楽しむ野菜たっぷり鍋朝食

朝食には、季節の野菜と料理長特製の出汁を楽しむ鍋を部屋にて提供します。胃腸にやさしい朝食は、芯から身体を温めます。窓の外に広がる四季の景色を眺めながら、朝食を楽しむことができます。

12時、旅を締めくくる
ひとり静かに野点体験

本プランでは、他の宿泊客がチェックアウトした後、施設内の「空中茶室」を貸し切って野点体験ができます。空中茶室は大堰川にせり出すように造られており、川音を聞きながら、眼前に茂る木々や対岸の小倉山の景色を眺めることができる場所です。茶碗や茶筅(ちゃせん)などの茶道具が1人用に揃えられた、星のや京都オリジナルの野点籠を使い、静かな自然の中でお茶とお菓子を楽しみ、滞在を締めくくれます。

星のや京都で過ごす「ご褒美ひとり旅24」
販売開始日
2019年4月8日
料金
21,450円(税・サービス料10%別)*宿泊料別
含まれるもの:夕食(松花堂弁当とペアリングドリンク)、朝食、
星のや京都オリジナルスイーツ、部屋の専用ライブラリー、BARカクテル1杯、野点籠、アーリーチェックイン(14:00~)、レイトチェックアウト(~14:00)
定員
1日1名
予約
星のや京都公式ホームページより4日前までに要予約

*宿泊は「シングルユース優待」での予約がおすすめ。
ホームページ予約限定、おひとりさま専用の室数限定プラン。
ひとり旅おすすめ部屋タイプ:「水の音ダブル」
宿泊料:48,350円~(税・サービス料10%別)


京都市西京区嵐山元録山町11-2
0570-073-066(星のや総合予約)

参照web
https://hoshinoya.com/kyoto/#availability









メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

人気ブログランキングへ


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

写真展「オードリー・ヘプバーン」

日本でも未だ高い人気を誇るオードリー・ヘプバーン(1929年-1993年)。彼女を語る上で忘れてはならないのが、お洒落で可憐なスタイリングの数々です。
本展は写真家マーク・ショーの作品を中心に、ファッションをテーマにした写真が一堂に介する写真展。大丸京都店の「ファッ…

日本でも未だ高い人気を誇るオードリー・ヘプバーン(1929年-1993年)。彼女を語る上で忘れてはならないのが、お洒落で可憐なスタイリングの数々です。

本展は写真家マーク・ショーの作品を中心に、ファッションをテーマにした写真が一堂に介する写真展。大丸京都店の「ファッション編」とともに、心斎橋店では「映画編」が開催され、各120点ずつ、総数240点という大規模な写真展となります。永遠のファッション・アイコンとして輝きを放ち、愛されつづけるオードリー・ヘプバーンの若き日の姿に出会える、またとないチャンスです。

WEB特別割引クーポン
スマートフォンまたは携帯電話から左のQRコードよりクーポン画面へアクセスしてください。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

 



☆★☆★ 写真展「オードリー・ヘプバーン」 ☆★☆★
~今よみがえる、永遠(とわ)の妖精~
■開催日時:2017/09/13~9/25   10:00~19:30
■開催場所:大丸ミュージアム<京都>
〒600- 8511   京都市下京区 四条通高倉西入立売西町79番地 大丸京都店6階
■入 場 料:一般1000円(800円) 中高大学生800円(600円) 小学生以下無料
■お問合せ: 075-211-8111  大丸京都店
■URL :http://dmdepart.jp/audrey/kyoto/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


高瀬川沿いの桜並木☆一の舟入から

木屋町三条四条間の中国人など海外観光客もここまでやってくる。
繁華街にいても、上木屋町か下木屋町を目指せば、
日本人の花見の風情が残されているのだ。
もう海外観光客に任せてはおけない。

「がんこ高瀬川二条苑」の西南にあ…

b02324ff-s


木屋町三条四条間の中国人など海外観光客もここまでやってくる。
繁華街にいても、上木屋町か下木屋町を目指せば、
日本人の花見の風情が残されているのだ。
もう海外観光客に任せてはおけない。


DSC_1717DSC_1716


「がんこ高瀬川二条苑」の西南にあたる高瀬川一の舟入である。
「がんこ高瀬川二条苑」は角倉了以の別邸跡(250坪)に営業しているである。
ここの庭は広い、そして、鴨川、みそそぎ川から取水された水がその庭を流れているので有名である。取水の水は高瀬川に流れているので、高瀬川の源流となる。


秀吉の朝鮮出兵が始まった頃のこと。京の一商人・角倉了以は朱印船貿易を終えた帰途、備前・吉井川で人生を変える出来事に遭遇した。


DSC_1721


了以は、舟子が「ほ~ いほい、ほ~いほい」と掛け声を上げながら、上流へ舟をひっぱり上げる光景を目撃したのだ。


しかし戦国の世はまだ収まらず、了以の思い は子の素庵を巻き込み家業もなげうった末、ようやく十三年後に達成される。さらに父子は高瀬川開削舟運にも着手すると、豪商へとまっしぐらに進ん でいく。
そうして「京都の水運の父」として歴史に名を残すこととなる。


DSC_1729


DSC_1725


高瀬川沿いの桜並木は、一の舟入に始まり五条通まで延々と続くが、その随所に歴史に名を残す者たちの記念碑に出あう。一の舟入から南へ下ると、桂小五郎、幾松に縁の「料亭幾松」がある。その向かいの高瀬川の西縁に二つの石碑が建つ。


DSC_1743DSC_1744

DSC_1736


左に「大村益次郎卿遭難之碑」と、右に「佐久間象山先生遭難之碑」


木屋町通りには幕末まで各藩邸があったせいか、維新に向けての間、著名な人物の遭難が数多くありました。刺客に狙われる場所だったのですね。妙に桜が似合う場所だと感じさせられる。


DSC_1764DSC_1766


御池通を経て、三条通までの間の散策に気忙しさはありません。高瀬川沿いのカフェテラスで休憩するもよし、川縁の桜の木陰に佇むもよし。街中にあって、どこかしら落ち着ける場所である。


DSC_1752


木屋町通上から下まで、柳の新芽とソメイヨシノは同じようにあるのだが・・・
それぞれに趣が違う。




メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←←

ご一票を励みに投稿しています。
こちらのランキング投票にポチッとお願い
br_decobanner_20111026101943

合掌

京都情報のブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ



観月会に出かけよう

中秋の名月 いずこで月見酒

重陽(菊)の節句行事に、上賀茂神社や虚空蔵法輪寺では菊酒(菊花酒)が振舞われる。不老延寿の妙薬と伝わる菊の花が浮かぶ盃を飲み干し、無病息災を祝い、祈願する崇敬者が、節句行事の社寺に毎年集っている。
出向かなかったとしても、菊一輪を…

中秋の名月 いずこで月見酒

重陽(菊)の節句行事に、上賀茂神社や虚空蔵法輪寺では菊酒()が振舞われる。不老延寿の妙薬と伝わる菊の花が浮かぶ盃を飲み干し、無病息災を祝い、祈願する崇敬者が、節句行事の社寺に毎年集っている。

090908_DSC_0040

出向かなかったとしても、菊一輪を杯に浮かべ、花の色と香りを楽しみ、秋を感ずるのも風情というものである。大輪の菊なら花びらの二、三片を杯に散らすとよい。
菊の香りには、キリッとした辛口の日本酒がお似合いである。

9月9日の節句で菊酒をいただけば、次には中秋の名月に月見酒と思いが走る。
晩酌の習慣のない小生は、行事や時の肴に伴って、酒に口を濡らすことを楽しみにしている。
だからこそ、飲むときは、酒以外のコト、モノ、バ、ヒトが重要な要素となる。

月見酒となれば、菊酒のように浮かべるわけにいかない。
花見のように月見をしながら飲み干すのも悪くはないが、それだけでは芸がない。それなら、月見団子をいただきお茶を一服でも良いのである。


むしろ、大文字の送り火を杯に映し、飲み干す風情で、月を杯に映し、飲み干したい。



090908_yosidasansou_fullMoonconcert2009


涼やかな風を受け、月の出を待ちながら酒を酌み交わす。ほろ酔い気分になった頃、ふと見上げれば月読が。
青い月の光が、飾られたススキの穂や荻の花、はたまた秋の七草に降り注ぐ。その光を浴びながら、持ち替えた大きな杯に酒を注ぎ、お月さんを捉える。

月が持つと伝わる不老不死の力、甦りの力を、杯いっぱいに溜めて、念じて飲み干す。
そんな信仰のような気分で、一献やるのもロマンがある。


090908_hiranojinjya_meigetu


中秋の 盃の月 飲み干して


こんな観月の宴を用意してくれるところはないもので、自宅の縁側に設えるのが手っ取り早いと、今まで俄か仕立てで賄っていた。

 

090908_yasakajinjya_kangetu07中秋の名月を楽しむのは、勿論月見酒だけではない。京都には、観月のススメとなる行事や場所は多数ある。

情報誌のように羅列すると、
日本三大名月鑑賞地である大覚寺は大沢池の「観月の夕べ」を筆頭に、大津市石山寺の「秋月祭」、上賀茂神社の「賀茂観月祭」、下鴨神社の「名月管弦祭」、 平野神社の「名月祭」、神泉苑の「観月会」、妙心寺退蔵院の「観月茶会」、八坂神社の「観月祭」、松尾大社の「観月祭」など多数ある。

大文字の送り火なら、市内で見えない場所が多数だが、名月は戸外なら誰にも等しく姿を見せてくれる。それぞれに、観月のロケーションハンティングをなさるとよい。

お子さん連れで月見観賞なら、京都府立植物園「名月観賞の夕べ」がお奨めである。
竹灯火約2000本で道案内されている夜の植物園が無料開放され、大きな夜空に仲秋の名月が観賞できる。大芝生地では、音楽演奏会、天体望遠鏡での名月観察会もある。



090908_simogamo_meigetukangensai


予算を気になさらない方なら、茶会や食事会がセットされた東伏見宮家別邸跡の料理旅館吉田山荘「お月見コンサート」もある。
月見団子や秋草、里芋を供え、秋の満月の彩りを奏でる幻想的な観月会が催される。



090908_yasaka_kangetisai



「八月十五日」と書いて「なかあき」と読む苗字の方がいるらしい。
古より、「なかあき」とは旧暦八月十五日のことで、この日の月を「」と呼び習わし、風物詩としている。