ComiCon京都Winter

アマチュアによるオールジャンル、自費出版コミックの展示即売が開催。
コスプレイベント「COSJOY」が併催される。

ComiCon京都日時2021年1月24日(日)
11:00~15:00場所京都市勧業館みやこめっせ
第3展示場入場料ComiCon入場料:700円
COSJOY参加料:1000円問い合わせ…

アマチュアによるオールジャンル、自費出版コミックの展示即売が開催。
コスプレイベント「COSJOY」が併催される。




ComiCon京都


日時
2021年1月24日(日)
11:00~15:00
場所
京都市勧業館みやこめっせ
第3展示場
入場料
ComiCon入場料:700円
COSJOY参加料:1000円
問い合わせ
ComiCon
参照web
 http://www.comicon.co.jp/comicon/cgs085/cgs085_index.html






梅体験専門店「蝶矢」バレンタイン限定ドリンク「ほっと梅いちご」

梅体験専門店「蝶矢」では2021年1月12日(火)から2月28日(日)の期間中、バレンタインシーズン限定ノンアルコールドリンク「ほっと梅いちご」を販売する。

厳選された素材の組み合わせで、自分だけのこだわりの梅シロップや梅酒作りが楽しめる世界初の“梅体験専門店”として…

梅体験専門店「蝶矢」では2021年1月12日(火)から2月28日(日)の期間中、バレンタインシーズン限定ノンアルコールドリンク「ほっと梅いちご」を販売する。




厳選された素材の組み合わせで、自分だけのこだわりの梅シロップや梅酒作りが楽しめる世界初の“梅体験専門店”として誕生した「蝶矢」。今回は、梅シロップや梅酒と共に人気のテイクアウトドリンクに、バレンタインシーズンだけの新作がラインナップに加わる。

淡くやさしいピンクカラーが目を引く「ほっと梅いちご」は、梅&いちごシロップをベースに乳酸菌飲料を合わせ、仕上げにドライイチゴをトッピングしたホットドリンク。旬のいちごの優しい甘みと梅の酸味の絶妙なハーモニーが楽しめる一杯となっている。




バレンタインシーズン限定「ほっと梅いちご」
テイクアウト
期間
1月12日(火)~2月28日(日)
営業時間11時~19時 ※お盆、年末年始休業
場所
梅体験専門店「蝶矢」京都店
京都市中京区六角通堺町東入堀之上町108
CASA ALA MODE ROKKAKU 1F
価格
430円+税
参照web
 https://www.choyaume.jp/





どんど焼き

伝統的な行事に民族固有の文化をみる

リコマリア小滝美帆

幼少…

伝統的な行事に民族固有の文化をみる

幼少の頃はお正月を迎えると、誕生日前でも歳を一つ加えて数えていた。
無事に歳を重ねられることが叶った去年に感謝し、新年を祝い、年長者からお年玉を貰った。大人達は歳神を迎えるべく、清掃し清めた場所に門松や注連縄などの正月飾りを施し、一家の安全を祈願していた。

また、獅子舞踊りの一行が笛太鼓で囃しながら家々を練り歩いていた。神楽が聞こえると、ご祝儀袋を持って祖母と玄関に出る。口を開いた獅子頭が小生の頭をくわえるように覆いかぶさってくる時の緊張感や、真剣を振りかざす殺陣の緊迫感に正月を感じていたように思い出される。
それは縁起の良いとされるお正月の悪魔払いが民間信仰として生きていた時代のことである。後にこの獅子舞が「伊勢大神楽師(いせだいかぐらし)」と呼ぶことを知った。

その昔は、夏のお盆もお正月も先祖供養の半年毎の祀りであったが、お正月は歳神を迎え五穀豊穣を祈る神祭りに変遷してきている。
そして、歳神を家族で心から迎え、一年が豊作で、家族に病無く元気に暮らせるようにとの思いを表した飾り物が、門松や注連縄、鏡餅なのだ。
このようにお正月を祝う習慣は中国、韓国、台湾、ベトナム、モンゴルにもある。
但し、日本でそうであるような新暦ではなく、旧正月と呼ぶ旧暦で最も盛大に執り行われているのだ。

さて、その正月の飾り物も小正月(15日)を過ぎると取り外すが、松飾りなどのつけられている元日(大正月)から小正月までのあいだを「松の内」とか「注連の内」と呼ぶ。

歳神を迎える道標が門松で、鎮座されるのが鏡餅であり、鏡開きは小正月を過ぎた20日に行うのが元来の習慣である。

「松の内」のお役目を終えた正月飾りなどは、お守り、破魔矢、古いお札、書初めとともに、小正月の「どんど焼き」の日に燃すのも古くからある習わしだ。

決して、燃えるゴミの日に出すものではない。お迎えした歳神様をお送りする伝統的な火祭りなのである。

小正月までに神社の納札所にそれらを納めておくと、どんど焼きの神事として、神社では燃してくれる。 青竹で骨組みされた三角柱の櫓を組み藁を詰め、これに火を投じて焼き上げるのだ。そして、神火が弱まった頃に、篠竹や木の枝の先に餅や団子を刺して焼き、これをいただきながら無病息災を祈願する。更に、どんど焼きの燃えさしを持ち帰り門口に立て魔除けにする。
かろうじて神社ではどんど焼きが続いているが、家庭の庭先で行う「松送り」のどんど焼きが見られなくなり、条例で禁じているところもあるのが残念である。
こんな素朴な民間信仰に触れるとき、人としての安らぎを覚えることは間違いないのだが。

普遍の願いである、無病息災・家内安全・五穀豊穣(商売繁盛)を何処かに置き忘れ、インテリアとしての飾り物が一人歩きし、あるいは、なおざりにされているご時世を小生は憂う。

デザインを楽しみ、時代の意匠を創作することは素晴らしい営みであることを否定はしない。その折々の日を催事として集い楽しむことも否定はしない。
見失ってはならないその原点の心というものが伴うものであるなら。

翻って国家を考えると、間違った解釈の憲法と戦後教育の反省が、個人至上主義と民間信仰を見直し、地域共同社会で培っていくことを考えざるを得ない。
ボーダーレスやグローバリズムなどというアメリカ世界戦略の正義を否定するつもりもないが、固有の文化を大切に確立継承できない民族は、烏合の衆として資本主義の餌食にしかならないはずである。

正月休暇に国民的行事として正月飾りが施され、初詣が行われているのが救いではあるが、正月祝いの締めとして、成人式に埋もれない、祭事としての正月を送りたいものだ。






京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


参考になれば、こちらのランキング投票にポチッとお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→無料定期購読受付中←←←

小豆粥で初春を祝う!

平安時代から続く小正月の習わしである「小豆粥」。
神社、禅寺や市内の旧家では今も受け継がれて、1月15日の小正月に食する。
1月7日人日の節句に頂く「七草粥」に次ぐ、正月に頂く御粥さん(おかいさん)である。京の…

114d7bea-s
平安時代から続く小正月の習わしである「小豆粥」。
神社、禅寺や市内の旧家では今も受け継がれて、1月15日の小正月に食する。
1月7日人日の節句に頂く「七草粥」に次ぐ、正月に頂く御粥さん(おかいさん)である。京の白粥、大和の茶粥というが、小豆粥はその色から桜粥ともいう。
小豆粥の赤が邪気を祓うと考えられていたのである。
fc61d02d
1月15日、上賀茂神社では「御粥神事」が執り行われ、
下鴨神社の「御粥祭」は紅白に並ぶ小豆粥・大豆粥が備えられ、
貴船神社では「御粥祭」、北野さんも小豆粥が神饌となっている。
e126353e126462


妙心寺東林院(JR嵯峨野線花園駅)では法要「小豆粥散飯式」が行われ、
自由に参列もでき、予約なしに精進料理「小豆粥」がいただける。

 




小豆粥で初春を祝う会 (あずきがゆではつはるをいわうかい)

■開催期間 (令和3年)1月15日(金)~31日(日) 11:00~15:00
■開催場所: 妙心寺塔頭・東林院
〒616 – 8035   京都市右京区花園妙心寺町59
■参加料金: 1/15日10:00~ 小豆粥散飯式法要 参拝自由
(梅湯茶礼、小豆粥と精進料理、大般若札、お年玉 / 3800円 )
■お問合せ:東林院  075-463-1334





京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


参考になれば、こちらのランキング投票にポチッとお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→無料定期購読受付中←←←

宮脇賣扇庵、ファッションブランド「バナナとイエロう」立ち上げ

宮脇賣扇庵は、扇子の新しいあり方を提案するファッションブランド「BANANA to YELLOW(バナナとイエロう)」を2021年1月16日(土)に立ち上げる。
宮脇賣扇庵 京都本店の隣に直営店を開店し、公式オンラインショップもオープンする。

BANANA
to
YELLOWは「季節やシーン…

宮脇賣扇庵は、扇子の新しいあり方を提案するファッションブランド「BANANA to YELLOW(バナナとイエロう)」を2021年1月16日(土)に立ち上げる。
宮脇賣扇庵 京都本店の隣に直営店を開店し、公式オンラインショップもオープンする。




BANANA to YELLOWは「季節やシーンを問わず、扇子を自由に楽しむ」をコンセプトに、現代のライフスタイルに合わせた扇子の新しいあり方を発信していくファッションブランドです。創業1823年の京扇子の老舗である宮脇賣扇庵が扇子文化の継承と市場拡大を目指し、デザイン会社のGRAPH(グラフ/本社:兵庫県加西市、社長:北川一成)の協力のもと新ブランドを設立。宮脇賣扇庵の歴史や伝統、職人技、そしてGRAPHプロデュースによるポップでアバンギャルドなアートを掛け合わせた唯一無二の商品で、新たなカルチャーを創出していきます。



BANANA to YELLOW
バナナとイエロう

開業日
2021年1月16日(土)
場所
京都市中京区六角通富小路東入ル大黒町80番地3
公式オンラインショップ
 https://banana-to-yellow.jp
問い合わせ
075 213 0877
参照web
@banana.to.yellow
https://www.instagram.com/banana.to.yellow/
宮脇賣扇庵
http://www.baisenan.co.jp




節分のワラ細工

~コンテンポラリージュエリー作家と まなぶワラ細工~
節分は、邪気を払って福をよぶ、新しい春(立春)を迎える前の日です。そんな節分にふさわしい縁起物をワラ細工でつくってみませんか。
講師が丁寧に教えてくれますので、ワラ細工がはじめての方でも大丈夫です。

ジュ…

~コンテンポラリージュエリー作家と まなぶワラ細工~

節分は、邪気を払って福をよぶ、新しい春(立春)を迎える前の日です。そんな節分にふさわしい縁起物をワラ細工でつくってみませんか。
講師が丁寧に教えてくれますので、ワラ細工がはじめての方でも大丈夫です。


ジュエリーデザイナーであり藁細工職人でもある花背wara 藤井桃子さんと、ワラの育った地でまなぶワラ細工です。


花背wara 藤井桃子
京都市左京区花背出身。
京都市立芸術大学美術学部美術科版画専攻卒業。花背在住。
ジュエリー作家としての活動に加えて、熱田神宮をはじめ神事・祭事のための注連縄(しめなわ)や荒薦(あらこも)などを手がける。
作品は、BEAMS JAPAN kyoto または、BEAMS 公式オンラインショップ等にて取扱中。
http://hanasewara.com/



節分のワラ細工

日時
2021年1月31日(日)
12:30 – 14:40
場所
HANA-Re /ハナレ
京都市左京区花背別所町
参加費
¥3000
(お茶+おやつ;講師の育てたもち米でつくったお餅)
定員
定員 10人
☆申込順
申込方法/問い合わせ
申込みフォーム https://goo.gl/2n9tne
MAIL lab.life.jp(at)gmail.com
090-4908-6230 (タケヤマ)
参照web
 https://www.lab-life.jp/wara2021




『ドライブスルー八百屋』で「もったいない野菜セット」

外食向け青果卸業の八百淳商店、同じく外食向けに酒類卸のふじまつは、東京都のフードサプライと協力し、接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービスを再開する。

飲食店の時短要請延長に伴い飲食店向けに作物を作っている農家が大量の野菜を余らせ…

外食向け青果卸業の八百淳商店、同じく外食向けに酒類卸のふじまつは、東京都のフードサプライと協力し、接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービスを再開する。

飲食店の時短要請延長に伴い飲食店向けに作物を作っている農家が大量の野菜を余らせ廃棄、その流通を行っている卸売業、製造業も売り上げがいきなり低下、危機的状況となっている。

安心・安全な「ドライブスルー八百屋」のサービスを再開で混雑しているスーパーのレジで並ぶ、沢山の人が触ったお野菜を買うのに抵抗があるなどの問題も解決、ドライブスルーで人との接触を最小限に抑えた形で商品のご購入が可能。
新型コロナウイルスの影響により外食向けに販売予定だった野菜をお得に詰め合わせ、「もったいない野菜セット」として販売する。


大特価!卸価格にて!¥5,000(税込み)
品数20種類以上卵、お米5キロ付き
配送は行っておりません。
販売当日に下記引き取り場所へお車でお越しください。


ドライブスルー八百屋
京都センター
販売
2021年1月19日(火)
10時~14時
引き取り場所
京都市南区上鳥羽大柳町12-2
株式会社ふじまつ 内
予約フォーム
 https://www.foodsupply.co.jp/drivethrough/#e-mail-form-id/
主催/問い合わせ

参照web
 https://www.foodsupply.co.jp/




京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


参考になれば、こちらのランキング投票にポチッとお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→無料定期購読受付中←←←

ル・マルシェ

旬の食材や手作りの雑貨などが並ぶほか、飲食物のテイクアウトやイートインも。音楽が流れるガーデンで、素敵なフランス風日曜日が過ごせる。
アンスティチュの庭とテラスを開放され、本場フランスのマルシェとなる。

当日は、マスクを着用して頂き、会場に設置された消毒液…

IMG_5130

旬の食材や手作りの雑貨などが並ぶほか、飲食物のテイクアウトやイートインも。音楽が流れるガーデンで、素敵なフランス風日曜日が過ごせる。
アンスティチュの庭とテラスを開放され、本場フランスのマルシェとなる。



当日は、マスクを着用して頂き、会場に設置された消毒液をご利用の上、マルシェをどうぞお愉しみくださいませ。
マルシェ当日は感染予防対策として、
-マルシェの入口に消毒液とマスクの着用を喚起する注意書きを設置します。
-スタンドで販売する食べ物は、原則として梱包して提供されます。
開催予定日
1/31(日)10時ー16時
2/21(日)10時ー16時
3/14(日)10時ー16時
4/4(日)10時ー16時
※毎月1回不定日曜日開催


Le Marche de l’institut!!!

日時
1月31日(日)
10:00~16:00
入場無料
場所
アンスティチュ・フランセ関西―京都 ガーデン
京都市左京区吉田泉殿町8


京都情報ランキングのブログがいっばいです
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ


参考になれば、こちらのランキング投票にポチッとお願い

ご一票を励みに投稿しています。合掌


メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→無料定期購読受付中←←←

オンラインイベント「京の食文化をたしなむ」

京都観光オフィシャルサイト「京都観光Navi」内に「食の京都」ページを開設し、食に関する情報を随時発信するとともに、令和3年2月5日(金)にオンラインイベント「京の食文化をたしなむ」を開催する。
京都観光Navi「食の京都」は、
ア 京の食の魅力を伝える取材記事の掲載…

syoku_no_kyotoMV

京都観光オフィシャルサイト「京都観光Navi」内に「食の京都」ページを開設し、食に関する情報を随時発信するとともに、令和3年2月5日(金)にオンラインイベント「京の食文化をたしなむ」を開催する。

京都観光Navi「食の京都」は、

ア 京の食の魅力を伝える取材記事の掲載
(初回掲載のインタビュー記事)*50音順

・杉本 節子氏(料理研究家):おばんざい
・園部 晋吾氏(山ばな平八茶屋):出汁の引き方
・高橋 容子氏(瓢亭女将):おもてなし
・田村 圭吾氏(京料理萬重):京料理の歴史・文化
・中東 久雄氏(草喰なかひがし):農家と料理人
※記事は、随時追加更新していきます。

イ その他、食関連イベント等の情報発信
京都観光Naviと連動し、食関連イベント等を発信

となっている。
URL
https://ja.kyoto.travel/food-culture/

「京の食文化をたしなむ」
オンラインイベント
開催日時
令和3年2月5日(金)午後1時30分~午後4時
開催方法
オンライン(京都観光Navi「食の京都」ページ内で配信)
https://ja.kyoto.travel/food-culture/
参加特典
オンラインイベントに参加された方の中から、抽選で100名様に「京都レストランウインタースペシャル2021」(開催期間:令和3年2月1日(月)~3月14日(日))で利用可能な5,000円割引券を進呈します。

京都レストランウインタースペシャル2021
https://krws.kyoto.travel/jp/


(第1部)「京の食文化」について

モデレーター:宗田 好史氏(京都府立大学教授)

登壇者:古瀬 ゆかり(京都市産業観光局京の食文化・流通戦略監)、清水 大介氏(清水農園)、田村 圭吾氏(京料理萬重)(50音順)

(第2部)自宅で楽しむ「京の食文化」

京都産の旬の食材を使った料理教室(講師:佐竹 洋治(美濃吉)

(第3部)お店で楽しむ「京の食文化」

登壇者:細井 悠玄氏(京都速報編集長)ほか
司 会:マツモト アキノリ氏

主催/問い合わせ
京都市観光協会
075-213-0070
参照web
 https://www.kyokanko.or.jp/news/20210108/




京都市歴史資料館の開催行事

開催中 17日まで
特別展「鞍馬 暮らしと行事」

特別展「鞍馬 くらしと行事」(令和2年10月2日~令和3年1月17日)
 鞍馬寺の門前集落として,また洛北地域の中核集落の一つとして歴史を積み重ねてきた鞍馬。本展で…

開催中 17日まで

特別展「鞍馬 暮らしと行事」


特別展「鞍馬 くらしと行事」(令和2年10月2日~令和3年1月17日)
 鞍馬寺の門前集落として,また洛北地域の中核集落の一つとして歴史を積み重ねてきた鞍馬。本展では,鞍馬の生活文化,火祭り等の年中行事や鞍馬寺との関わりを古文書や道具類を通して紹介します。
⇒詳細案内
⇒解説資料

18日~21日
展示替えのため休館
22日~
特別展 京都市文化財保護課発足50周年記念

「京都市指定の文化財」

(令和3年1月22日~3月7日) 京都市では,市内に所在する多くの文化財の中でも,京都の文化や歴史を知るうえで欠くことのできない,特に重要な文化財を,毎年「京都市の文化財」として指定・登録しています。
 本展ではその中から,平安時代から江戸時代初期にかけての美術工芸品の名品を中心に御覧いただきます。
 また,今年度は本市文化財保護体制確立(文化財保護課発足)50年の節目にあたることから,本市の文化財保護の取組についても取り上げます。近年,本市文化財等修理事業で修理された文化財について,その修復の過程や方法を紹介します。
⇒詳細案内

車争図屏風 土佐光茂筆(仁和寺)
薬師如来立像(神光院)山崎兼慈撮影

30日
修理技術者による絵画の修理解説(午後2時から20分程度,参加無料,先着20名)

2月の予定
2日~特別展「京都市指定の文化財」(~令和3年3月7日) 
5日
ギャラリートーク
(午後2時から20分程度,参加無料,先着20名)
14日
サンちゃんがやってくる!-オオサンショウウオを観察しよう!(1日限定イベント,11時~15時) 同日
わくわく!しりょうかん-子どもむけギャラリートーク-(午後2時から15分程度,参加無料,先着20名)
19日
ギャラリートーク(午後2時から20分程度,参加無料,先着20名)
3月の予定
3日
ナイトミュージアム(午後8時まで開館)
5日
ギャラリートーク(午後2時から20分程度,参加無料,先着20名)
~7日
 特別展「京都市指定の文化財」(最終日)

開催予定のイベント

サンちゃんがやってくる!-オオサンショウウオを観察しよう!令和3年2月14日(日曜日)11:00~15:00〈来場無料〉オオサンショウウオ(実物)を近くで観察して,クイズにも挑戦しよう!骨格標本やパネル解説も展示。来場者にはもれなく図鑑風オリジナルポストカードをプレゼント!


オオサンショウウオ

京都市歴史資料館 叢書京都の史料第14回「内裏図集成 ―京都御所と公家町ー」頒布中

 この度,完売しておりました「内裏図集成-京都御所と公家町」につきまして,好評につき再販しております。 同書は,江戸時代に出版された内裏図を影印集成したものです。内裏図とは,江戸時代の禁裏御所(京都御所)とその周辺にある公家の邸宅街(公家町)を描いて出版された地図のことです。江戸時代の御所周辺は,一般庶民も見物に訪れるような観光名所でもありました。そのため,たくさんの内裏図が作られています。内裏図は,江戸時代の地図出版の一ジャンルであると同時に,御所周辺の変わっていく状況を時間を追って見ることができる貴重な史料です。当館の大塚コレクションを中心に国内外に所蔵されている内裏図をぜひご覧ください。


「内裏図集成 -京都御所と公家町-」価格2,500円

京都市歴史資料館
叢書京都の史料第16回「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」頒布中

 京都市歴史資料館では,京都市史編さん事業開始以来収集した膨大な量の古文書類を,より利用しやすい形で系統的に提供するため,「叢書 京都の史料」として継続的に刊行しています。 現在,第16回配本として,「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」を頒布しております。詳しくはこちらから

「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」価格2,500円

事業案内

フィールド・ミュージアム京都
過去の展示・事業等
京都市デジタルブック版展示解説資料
歴史資料館刊行図書について
叢書 京都の史料第16回「京都摺物集成 ―江戸時代の京のにぎわいー」頒布中
「京都市歴史資料館紀要」第28号頒布中
刊行物の御案内「叢書 京都の史料」
刊行物の御案内「京都市歴史資料館紀要」
刊行物の御案内 「京都市政史」
歴史資料館の資料の御利用について
歴史資料館web公開画像一覧(国文研)
史料管理システム「文献一覧」

京都市歴史資料館の正面玄関です(寺町通から撮影)。

施設案内
京都市歴史資料館

所在
住所: 京都市上京区寺町通荒神口下る松蔭町138番地の1
電話: 075-241-4312 ファックス: 075-241-4012
☆ 1階 資料展示室 ☆
 京都の歴史を,古文書,絵画,絵図などの展示を通して理解していただけるように,特別展やテーマ展を開催しています。1回の展示の期間は3ヶ月程度で,展示と展示の間(概ね2~3日)は,展示替えのため臨時休館日しています。
 ガラスケース内のパネルは可動式で,展示品をより間近で御覧いただけるよう工夫して展示しています


☆ 1階 映像展示室 ☆
 京都の歴史,祭礼,風物や様々な事象の移り変わりを映像化した42本のビデオ(「平安京を歩く」(19分)は英語版あり)を,6台のモニターセットでご覧いただけます。
⇒映像展示室案内

☆ 2階 閲覧相談室 ☆
 当館が所蔵している京都の歴史に関する図書・史料の写真版を,閲覧していただくことができます(座席数:11席)。また,京都の歴史を学んでいただくために,京都の歴史に関する一般的な相談を行っています。 資料を複写していただくこともできます。(有料複写サービス有)

○その他施設の御案内
事務室(1階) 書籍の販売 等

開館時間
午前 9時~午後 5時 ◎閲覧相談室(2階)の御利用は,午後4時30分までに受付をお済ませください。
 また,京都の歴史に関する御質問や,収蔵資料に関する閲覧・利用等の御相談等は, 当資料館に直接お問い合わせください。来館またはお電話・FAXでお願いいたします。

入館料
無料

休館日
月曜日,祝休日,年末・年始( 12月 28日~ 1月4日)
展示替期間等年3~4回の臨時休館
 ※令和2年3月・4月の臨時休館
4月7日~9日







もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ